第二新卒の転職期間は1〜3ヶ月【危険:転職活動が長引く5つのケース】

第二新卒の転職期間は1〜3ヶ月【危険:転職活動が長引く5つのケース】

第二新卒の転職期間って、どれくらいかかるの?

早く今の会社を辞めたいから、早く転職活動を終わらせたい。

どうしたら転職活動期間を短くできるかな?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 第二新卒の転職期間がわかる
  • 第二新卒の転職期間が長引くケースがわかる
  • 第二新卒の転職期間を短くする方法がわかる

 

僕、佐藤誠一は「全国職業相談センター」というサイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

第二新卒の人からの相談も多く、僕が対応して転職に成功した人も多いです。

 

結論、第二新卒の転職期間は1~3ヶ月を見ておけばOK。

ただし、転職期間が長引くケースがあるので解説しますね。

 

また、転職期間を短くするノウハウも解説します。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです。

第二新卒の転職期間は1~3ヶ月

第二新卒の転職期間は1~3ヶ月

結論、第二新卒の転職活動期間は、1~3ヶ月を見ておけばOKです。

短く感じるかもですが、理由は、若いので採用されやすいから。

転職って若い人の方が有利なので、第二新卒はそもそも内定が出やすいです。

 

具体的なスケジュール感は下記のとおり。

  1. 自己分析【1日】
  2. 求人を探す【1~2週間】
  3. 履歴書・職務経歴書を送る【1週間】
  4. 面接【1ヶ月】
  5. 内定
  6. 内定承諾【1~2週間】
  7. 退職手続き【1ヶ月】
  8. 入社

この辺の転職活動の手順や流れは、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

辞めてから転職活動する方が早いけどおすすめしない

転職活動の方法は、大きく分けて下記の2つがあります。

メリット デメリット
在職中に転職活動 収入が途絶えない 仕事をしながら転職活動するので忙しい
辞めてから転職活動 転職活動に集中できる 収入が途絶える

結論、可能なら在職中の転職活動がおすすめ。

上記のとおり、先に辞めちゃうと収入が途絶えるから。

 

たしかに、先に辞めた方が転職活動に集中できる分、内定が出るのも速くなる可能性はあります。

でも、そもそもお金がないと転職活動も生活もできません。

失業保険の給付は辞めてから4ヶ月目なので、貯金がないと生活が破綻します。

 

体調不良などやむ得ない理由がない限り、在職中の転職活動が無難です。

それぞれの転職活動方法については、下記の2記事を参考にどうぞ。

【注意】第二新卒の転職期間が長引く5つのケース

【注意】第二新卒の転職期間が長引く5つのケース

ちなみに、転職期間が長引くケースってあるの?

結論、下記の5つは転職期間が長引くことが多いので要注意。

  1. 1年目で退職する
  2. 事務職にこだわる
  3. 大手にこだわる
  4. 転職理由がネガティブ
  5. 求人が少ない時期の転職活動

1つずつ解説するので、当てはまらないようにしましょう。

①1年目で退職する

1年目で退職しちゃうと、転職期間が長引きます。

「すぐ辞める人」に見えて、内定が出にくいから。

 

例えば、あなた面接官だったら下記のどちらを採用しますか?

  • Aさん:前職6ヶ月
  • Bさん:前職2年半

まぁBさんですよね。

なぜなら、我慢強そうだから。

体調不良やセクハラなどやむ得ない理由がない限りは、1年以上がんばってから転職が無難です。

 

どうしても1年未満で転職したい人は、【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】をどうぞ。

1年未満でも転職できるノウハウを解説してます。

【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】

②事務職にこだわる

事務職にこだわると、転職期間が長引きます。

なぜなら、事務職は募集が少なく内定が出にくいから。

 

厚生労働省が発表している事務職の有効求人倍率は、わずか0.3倍ほど。

事務職の希望者1人に対して、0.3件の求人しかないという意味です。

 

結論、事務職の転職は難関なので避けましょう。

参考:事務の転職が決まらない理由【知り合いのツテを使った方が内定でる】

事務の転職が決まらない理由【知り合いのツテを使った方が内定でる】

③大手にこだわる

大手にこだわるのも、転職期間が長引きますね。

大手は人気で倍率が高いので、なかなか内定が出ないから。

 

ただし、「大手に転職できない」というわけではありません。

事実、大手企業でも「第二新卒枠」を設けているところがあります。

割と転職しやすい大手は、第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】を参考にどうぞ。

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】

④転職理由がネガティブ

転職理由がネガティブなのも、転職期間が長引きます。

印象が悪くて採用されないから。

 

例えば、下記のようなネガティブな転職理由を伝えると採用されません。

  • 給料が安かったから
  • 残業が多かったから
  • 休みが少なかったから

シンプルに、やる気を感じないですよね。

 

下記のようにポジティブな転職理由に変換しましょう。

  • スキルアップしたいから
  • 新しいことに挑戦したいから
  • 御社の商品が好きだから

内定率が上がる転職理由の作り方は、【例文あり】第二新卒の転職理由の型8ステップ【面接を攻略しよう】にまとめてます。

【例文あり】第二新卒の転職理由の型8ステップ【面接を攻略しよう】

⑤求人が少ない時期の転職活動

1年の中で、求人が少ない時期に転職活動すると内定が出にくいことがあります。

第二新卒の求人が増えるおすすめ時期は、4月と10月です。

理由は下記のとおり。

  • 4月:新卒と一緒に研修できるから
  • 10月:人事異動の時期、夏のボーナスをもらって辞める人が多いから

 

具体的には、下記のスケジュールで転職活動を始めればOKです。

  • 4月入社:1月から転職活動開始
  • 10月入社:7月から転職活動開始

 

ただし、通年採用してる企業だったら上記のスケジュールは関係なし。

あくまで「全体的に求人が増える時期が4月と10月」という意味です。

この辺は、第二新卒が転職しやすい時期は4月と10月【すぐに転職できる方法】にまとめてます。

第二新卒が転職しやすい時期は4月と10月【すぐに転職できる方法】

第二新卒の転職期間を短くする3つのコツ【早く辞められる】

第二新卒の転職期間を短くする3つのコツ【早く辞められる】

転職活動が長引くケースはわかった。

じゃあ、できるだけ転職期間を短くするコツはあるの?

はやく今の会社を辞めたいんだよね…

結論、転職期間を短くするコツは下記の3つです。

  1. 業界と職種を絞る
  2. 同時に複数の会社に応募する
  3. 第二新卒向けの転職エージェントを使う

1つずつ解説しますね。

①業界と職種を絞る

業界と職種を絞りましょう。

応募先に一貫性が出て、採用されやすいから。

 

面接では「他にどういう会社に応募してますか?」と聞かれます。

そのときに業界と職種に一貫性がないと、下記のように思われて印象が悪いです。

  • テキトーに選んでる
  • 入社できればどこでもいいの?

なので、企業を選ぶ前に業界と職種を絞るのがコツです。

業界と職種を絞るコツ【向いてる仕事で決める】

でも、業界と職種ってどうやって絞るの?

結論、あなたに向いてる業界・職種を選べばOK。

向いてる業界・職種なら、転職してから活躍できるから。

 

でも、向いてる業界や職種がわからない…

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

記事内で、あなたに向いてる仕事がわかる方法を解説してるので、業界・職種を絞れます。

②同時に複数の会社に応募する

応募するときは、同時に複数の会社に応募しましょう。

同時進行した方が、速く内定が出るから。

 

悪い例は下記のとおり。

  1. 1社に応募してみる
  2. 内定が出なかった
  3. また1社に応募してくる
  4. また内定が出なかった

このように、1社1社に応募していくと時間がかかります。

なので、同時に応募しましょう。

 

在職中だと忙しいですが、「在職中に転職活動している」と先方に伝えれば、理解してくれますよ。

※理解してくれない会社は、入社してからも理解がなさそうなので切ってOK。

【ちなみに】合計20社くらいに応募する

なぜなら、20社くらい応募すると3社くらい内定が出るから。

3社くらい内定が出ると、慎重に選べるのミスマッチが減りますよ。

この辺は、転職の応募数は20社が安心【少ない応募で転職に成功する5つの方法】を参考にどうぞ。

転職の応募数は20社が安心【少ない応募で転職に成功する5つの方法】

③第二新卒向けの転職エージェントを使う

転職活動が不安な人は、第二新卒向けの転職エージェントを使ってもOK。

彼らはプロなので、内定率が上がるから。

速い人だと、1ヶ月以内で内定をもらえます。

 

具体的には、下記を無料でやってくれますよ。

  1. 内定が出やすい履歴書の内容を考えてくれる
  2. 内定が出やすい面接の台本を考えてくれる
  3. あなたに合う業界・職種・会社を紹介してくれる

考えてみれば、あなたが転職のプロになる必要はないので、プロに任せるとですよ。

 

無料なので、相談しつつ、担当者との相性を見つつ、紹介される求人を見てから利用するか決めてもOK。

第二新卒に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【第二新卒の転職期間は1~3ヶ月。さっそく転職活動を始めよう】

まとめ【第二新卒の転職期間は1~3ヶ月。さっそく転職活動を始めよう】

ということで、あとは行動あるのみ。

転職活動を始めないと、いつまでたっても今の会社から抜け出せません。

 

求人って流動的なので、あなたに合う求人が来週にはなくなってることもあります。

本来なら転職できたはずの会社に転職できないので、取り返しがつかないことも…

 

動くべきは今日からでして、できることからやってみましょう。

今日から転職活動を始めて、あなたに合う会社に転職して、人生を楽しめばOK。

 

転職活動の手順は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

※あなたに向いてる業界・職種もわかりますよ。

 

転職期間を短くするコツは下記の3つです。

  1. 業界と職種を絞る
  2. 同時に複数の会社に応募する
  3. 第二新卒向けの転職エージェントを使う

 

転職活動が不安なら、第二新卒に強い転職エージェントを利用してもOK。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

あとは行動あるのみ。

今日から行動して、本来あなたがいるべき場所にいきましょう。

転職活動の参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ