【例文あり】第二新卒の転職の志望動機の型6ステップ【割とカンタン】

【例文あり】第二新卒の転職の志望動機の型6ステップ【割とカンタン】

第二新卒の転職の志望動機って、どうやって作ればいいの?

今の会社の期間が短いから、なんか志望動機をうまく書けないんだよね…

 

できたら、志望動機の例文も見たいなぁ。

あと、仮に志望動機ができたとしても、それが合ってるのか不安…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 第二新卒の転職の志望動機の作り方がわかる
  • 第二新卒の転職の志望動機の例文がわかる
  • 自分で作った志望動機に自信がないときの対処法がわかる

 

僕、佐藤誠一は「全国職業相談センター」というサイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

第二新卒の人からの相談も多く、志望動機をアドバイスして転職に成功した人も多いです。

 

結論、第二新卒の志望動機には「型」があります。

型通りに作れば楽だし、内定率も上がるので有益かと。

例文も紹介するので、アレンジして使ってください。

 

あなたが作った志望動機が合ってるかチェックする方法もまとめてます。

転職活動の参考にどうぞ。

第二新卒の転職の志望動機の型6ステップ

第二新卒の転職の志望動機の型6ステップ

結論、第二新卒の転職に志望動機は、下記の6ステップの型でOK。

  1. 御社を選んだ理由
  2. 前の会社を選んだ反省
  3. 前の会社でできなかったことをしたい
  4. 前の会社でできなかったことが御社ではできる
  5. ちょっと自己PRを入れる
  6. 御社でどうなりたいか

1つずつ解説するので、実際に志望動機を作ってみましょう。

①御社を選んだ理由

まず最初に、応募企業を選んだ理由から伝えましょう。

結論から伝えた方がわかりやすいから。

 

具体的にはこんな感じ。

私が御社を志望する理由は、◯◯◯だからです。

特に履歴書の志望動機欄は、結論から書いた方がいいですよ。

結論を最後にもってくると、まわりくどいしわかりにくいので、書類選考で落とされる危険性があります。

②前の会社を選んだ反省

次に、前(今)の会社を選んだ反省を伝えましょう。

そもそも第二新卒は、

前の会社がイヤだから、すぐ転職するんだろうな。

と思われてるから。

 

具体的にはこんな感じ。

「大手だ」という安易な理由だけで就職してしまいました。

もっと深く考えて就職先を選ぶべきだったと反省しています。

ぶっちゃけ、志望動機よりも「なんで辞めたのか」の方がよほど気になります。

※不満がなければ、そもそも辞めないはずだし。

 

ネガティブな部分は先にやっつけるのが鉄則。

第二新卒=若いので、たいそうな志望動機があるとは思われてません。

失敗を素直に認めて、反省する方がよほど説得力があります。

反省を伝えることで、失敗を反省できる人に見えて好印象ですよ。

③前の会社でできなかったことをしたい

次に、前(今)の会社でできなかったことで、転職後にしたいことを伝えましょう。

前向きに退職理由を伝えつつ、ポジティブな印象を与えるためです。

 

具体的にはこんな感じ。

前職では仕事のやり方をすべて決められていました。

でも、もっと自由度をもって仕事をしたいと思いました。

退職理由=志望動機にすると、話に一貫性が出て好印象です。

④前の会社でできなかったことが御社ではできる

次に、前(今)の会社でできなかったことが、応募企業でできると伝えてください。

応募企業でなければいけない理由が伝わって、説得力が増すから。

 

具体的にはこんな感じ。

御社では、社員の発想や企画を重視していると聞きました。

前職はガチガチのマニュアルで自由な発想を抑止されていましたが、御社なら自由な発想で仕事ができるので興味をもちました。

志望動機って「なぜ応募企業でなければいけないのか」まで考えないといけません。

なので、「前の会社でできなかったことが御社でできる」と言えばまとまります。

⑤ちょっと自己PR

ここでちょっと自己PRをしておきましょう。

あなたを採用するメリットをアピールできるから。

 

具体的にはこんな感じ。

前職では営業をやっていましたので、コミュニケーション能力には自信があります。

未経験の仕事に転職する場合は、どの業界・職種でも伝えるスキルをアピールすればOK。

  1. コミュニケーションスキル
  2. パソコンスキル
  3. 電話対応スキル

志望動機を答える場ではありますが、ちょっと自己PRを混ぜるのがコツですね。

自己PRの作り方は、第二新卒の3つの強みと弱み【内定が出やすい自己PRの例文も解説】も参考にどうぞ。

第二新卒の3つの強みと弱み【内定が出やすい自己PRの例文も解説】

⑥御社でどうなりたいか

最後に、応募企業でどうなりたいかを伝えましょう。

あなたを採用した未来を見せると、内定率が上がるから。

 

具体的にはこんな感じ。

御社に入社して、売上に貢献したいです。

人は、未来が見えると行動したくなります。

面接官も一緒なので、あなたを採用した未来を見せましょう。

志望動機を作るにはまず自己分析が必要

なんかわかった感じはするけど、そもそも何から始めたらいいの?

まずは、自己分析から始めましょう。

あなた自身のことをわかってないと、志望動機は作れないから。

 

でも、自己分析ってなんか難しそう…

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

簡単にできる自己分析のやり方を解説してます。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

業種と職種を選んだ理由も作っておく

未経験の業種や職種に転職する場合は、業種と職種の志望動機も作りましょう。

業種と職種の志望動機も聞かれるから。

 

具体的には下記のイメージですね。

業種の志望動機 職種の志望動機
事務→プログラマー IT業界は将来性があるから 手に職をつけたいから
銀行営業→不動産営業 不動産の方が稼げるから
IT事務→プログラマー 手に職をつけたいから

 

面接では「志望動機は?」と聞いてこない会社もあります。

  • なんでIT業界に転職したいの?
  • なんでプログラマーなの?
  • なんでうちの会社なの?

というように、業種・職種・企業の志望動機をバラバラに聞かれるケースあり。

本番で困らないためにも、準備しておくと無難です。

志望動機を作るには徹底した企業研究が必要

応募企業を徹底的に研究しましょう。

そもそも、応募企業のことを知らないと志望動機はできないから。

 

具体的な企業研究の方法は、転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】にまとめたので参考にどうぞ。

転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】

ネガティブな志望動機はNG

当たり前ですが、ネガティブな志望動機はNGです。

ネガティブな人を採用したい企業はないから。

 

例えば下記はNGですよ。

  • 御社は休みが多そうだから
  • 御社や残業が少なそうだから
  • 御社は楽して稼げそうだから

やる気を感じないのでダメです。

 

下記のように、ポジティブな志望動機にしましょう。

  • 御社の仕事をしたいから
  • 御社の商品が好きだから
  • 御社でキャリアアップしたいから

 

この辺は、【例文あり】第二新卒の転職理由の型8ステップ【面接を攻略しよう】が参考になるかと。

転職理由の答え方もわかるので、一石二鳥です。

【例文あり】第二新卒の転職理由の型8ステップ【面接を攻略しよう】

第二新卒の転職の志望動機の例文

第二新卒の転職の志望動機の例文

なんとなくわかったけど、具体的な例文を見たいな。

ということで、3つ例文を紹介します。

アレンジして使ってください。

保険営業→Web営業の例文

御社を志望する理由は、Webマーケティングで多くの実績を出しているからです。

前職はネールバリューだけで保険会社に就職してしまいました。

ところが、若いこともあり自分自身が「保険に興味がない」ことを痛感しました。

興味がないものを人様に売ることは、無責任だと思いました。

安易に就職先を選んでしまったことは反省しています。

 

この就職の失敗をきっかけに、自分が興味あることを営業したいと思うようになりました。

私は元々Webマーケティングに興味がありました。

ネット上で24時間集客し続けるシステムは、多くの企業が欲しがっていますし、それができる御社なら、たくさんの企業に貢献できると思いました。

幸い、営業の基礎的なスキルは保険会社で取得済みです。

御社に転職して、自分の興味あるサービスで多くの企業の役に立ち、御社の売上アップに貢献したいです。

 

6ステップの型どおりですね。

退職理由も説得力があるし、ポジティブに表現できています。

事務→プログラマーへの例文

私が御社を選んだ理由は、未経験からプログラマーとして活躍している人が多いからです。

新卒の就職では、「楽そうだから」という安易な理由で事務職を選んでしまいました。

ところが、事務が好きだったわけでもないし、将来のことも何も考えず選んでしまったことを反省しました。

 

事務の仕事では、業務効率化のために自分でエクセルを使ってシステムを作っていました。

シンプルに「面白い」と思いましたし、もっとプログラミングのことを勉強したいと思うきっかけでした。

正直、事務職の将来性は薄いと思いますし、それなら今のうちに興味あるプログラマーに転職して手に職をつけたいと考えました。

 

御社のホームページの「社員インタビュー」を拝見しまして、◯◯さんが私とほぼ一緒の境遇からプログラマーになったと知りました。

私も◯◯さんのようになりたいので、御社に入社したいと思いました。

お伝えしましたとおり、事務職の経験があるのでエクセルは使えますし、現在はプログラミングスクールでも勉強中です。

御社に入社して、いち早く戦力になり、将来的にはシステムエンジニアにキャリアアップしていきたいです。

 

ぶっちゃけ志望動機に困ったら、応募企業のホームページの「社員インタビュー」を見て、

◯◯さんみたいになりたいです。

と言えばOK。

 

面接官も具体的なイメージが湧くし、

◯◯さんみたいになってくれるならありがたい。

と思います。

内定率を上げるコツなので、どうぞ使ってください。

営業→営業事務への例文

私が御社を志望する理由は、今の仕事の経験を活かして貢献できると思ったからです。

私は現在、銀行で営業をやっています。

「銀行は大手だから」という安易な理由で就職したことを反省しています。

現在は特に、投資信託のノルマが多いです。

私も努力して投資信託を売りましたが、1人も利益が出た人がいないのが退職する理由です。

人様の資産を減らす手伝いはさすがにできないので、転職を決意しました。

 

銀行業務を通して、事務職に興味をもちました。

今も事務員の方と多くのコミュニケーションをとるのですが、営業を支える営業事務の仕事をやりたいと思うようになりました。

もちろん私も事務作業は行うのですが、営業よりも事務をやっているときの方が仕事を楽しいと感じています。

御社で営業事務の募集がありましたので、チャンスだと思い応募しました。

 

幸い営業の経験がありますので、営業さんがどうサポートされたら助かるかは把握しています。

1日も早く御社の業務を覚えて、営業さんをサポートしつつ売上に貢献できる仕事をしたいです。

 

志望動機には、エピソードを入れるのがコツです。

エピソードを入れると、普通の志望動機も説得力が増すから。

 

上記の例文も、よくよく見るとたいしたことを言ってません。

でもエピソードがあるだけで、説得力が増しますよね。

良い志望動機を思いつかないときは、エピソードを添えましょう。

「企業理念に共感した」はNGです

御社を志望する理由は、企業理念に共感したからです。

という志望動機はNGです。

なぜなら、使い回せるから。

 

面接官も「それ、どこでも言えるじゃん」とわかりますよ。

企業研究してないこともバレるので、採用されません。

作った志望動機に自信がないときの対処法

作った志望動機に自信がないときの対処法

自分で志望動機を作ったとしても、それが合ってるかわからないよね…?

志望動機なんか慣れてないし、自信ないなぁ…

という人は、誰かに志望動機を見てもらいましょう。

あなたの志望動機を客観視できるから。

 

具体的には下記のような人でOK。

  • 友達
  • 彼氏・彼女

身近な人だとあなたの理解が深いので、良いアドバイスをくれるかもしれませんよ。

第二新卒に強い転職エージェントに添削してもらう

転職エージェントに志望動機を添削してもらうのもアリですね。

なぜなら、内定率が上がるから。

 

彼らは第二新卒の転職のプロなので、内定が出る志望動機をいくつも作ってきてて有益かと。

※親・友達・彼氏・彼女の弱点は、転職のプロじゃないことですね。

 

無料で添削してくれますが、彼らも商売なので企業の紹介があります。

他にも僕に合う企業があるなら紹介してほしい。

という人にはメリットあるかと。

 

無料なので、とりあえず相談しつつ、担当者との相性や添削のレベルを見てから、転職エージェントを利用するか決めてもOKですよ。

第二新卒に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【第二新卒の転職の志望動機の6ステップで作ってみよう】

まとめ【第二新卒の転職の志望動機の6ステップで作ってみよう】

ということで、さっそくあなたの志望動機を作ってみましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

この記事を読んだだけじゃダメでして、実際に考えて手を動かしてみてください。

まずは自己分析をして、あなた自身のことを知りましょう。

※自己分析のやり方は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】にまとめてます。

 

志望動機の型は、下記の6ステップです。

  1. 御社を選んだ理由
  2. 前の会社を選んだ反省
  3. 前の会社でできなかったことをしたい
  4. 前の会社でできなかったことが御社ではできる
  5. ちょっと自己PRを入れる
  6. 御社でどうなりたいか

 

作った志望動機の自信がないなら、親・友達・彼氏・彼女に客観的な意見をもらいましょう。

プロのアドバイスがほしければ、転職エージェントに無料で相談すればOK。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

あとは行動あるのみです。

あなたが転職に成功するのを祈ってますd( ̄  ̄)