第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】

第二新卒の転職に成功する方法を知りたいな。

今の会社を辞めたいけど、転職に失敗して同じことを繰り返したくない。

 

転職に成功した第二新卒の体験談も知りたい。

あと、できるだけ転職の成功率を上げる方法はあるのかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 第二新卒が転職に成功するコツ7選【失敗しない鉄則】
  • 第二新卒の転職の成功例【僕が相談対応した事例】
  • 第二新卒の転職成功率を上げる2つの方法【これで大丈夫】

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

第二新卒で転職したい人からの相談は多かったですね。

僕がアドバイスしたことで、無事に転職できた人はたくさんいます。

 

この記事では、当時僕がやっていたアドバイス内容をまとめました。

第二新卒の転職に成功できた人が多いノウハウなので、けっこう信ぴょう性があるかと。

 

失敗したくないあなたの参考になればうれしいです。

第二新卒が転職に成功するコツ7選【失敗しない鉄則】

第二新卒が転職に成功するコツ7選【失敗しない鉄則】

第二新卒の転職に成功するコツは、下記の7つです。

  1. 退職理由はポジティブに伝える
  2. 短期退職の反省を伝える
  3. 最低限のビジネススキルがあることをアピール
  4. 前職で身につけたスキルをアピール
  5. 仕事を続けながら転職活動する
  6. 向いてる仕事を選ぶ
  7. 応募企業で将来どうなりたいかが明確

1つずつ解説しますね。

①退職理由はポジティブに伝える

面接では、退職理由をポジティブに伝えましょう。

短期退職なので、すぐ辞める人に見えるので。

◯◯の仕事をどうしてもやってみたくて、御社を志望しました。

みたいな感じが良いですね。

 

ポジティブに答える面接ノウハウは、

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】に詳しくまとめてます。

転職の面接の11の流れやマナー【事前に聞かれる質問がわかる方法】

②短期退職の反省を伝える

短期退職したことの反省を伝えましょう。

失敗から学べる人に見えるからです。

前職をすぐに辞めてしまったのは、自己分析や企業分析の甘さだと反省しています。

 

なので、今回は自己分析と企業分析を徹底しました。

その結果、御社に魅力を感じたので応募しました。

って感じでOKです。

 

20代前半なので失敗してもいいんです。

失敗を次に活かせる人は、採用されやすいです。

③最低限のビジネススキルがあることをアピール

最低限のビジネススキルがあることは、しっかりアピールすべき。

第二新卒には、研修を省きたいと思われてるので。

 

例えば、下記のようなスキルをアピールしましょう。

  • 電話対応
  • ビジネスメールの書き方
  • 丁寧語・尊敬語・謙譲語の使い分け

新卒なら新人研修で習う内容ですが、第二新卒にまで研修するのはコストです。

研修コストがかからない=企業のメリットです。

④前職で身につけたスキルをアピール

前職で身につけたスキルをアピールしましょう。

何も学んでないと思われないために。

 

具体的には、応募企業が喜ぶスキルが良いですね。

例えば、IT企業に応募するなら、

  • パソコンスキル
  • エクセルスキル

などが喜ばれます。

 

この辺は、【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】に詳しくまとめてます。

【例文あり】転職の自己PRのコツ【楽に完成させる2つの方法も紹介】

⑤仕事を続けながら転職活動する

できれば、今の仕事を続けながら転職活動してください。

辞めてから転職活動すると、無収入になるので。

 

無収入になると焦ってしまい、ブラック企業とかに入社しがちです。

この辺は、20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】が参考になるかと。

 

貯金がないけど、どうしても辞めてから転職活動したい人向けのノウハウもまとめてます。

20代の転職活動に必要な貯金は75万円【お金が少なくても転職できる】

⑥向いてる仕事を選ぶ

次は向いてる仕事を選びましょう。

向いてる仕事だと、

  • 長続きする
  • 自信がつく
  • 自分を好きになれる

などのメリットがあるので。

 

向いてる仕事は、適職診断ツールを使うと楽にわかります。

 

僕もいろいろ試しましたが、フューチャーファインダーが高精度で良かったですよ。

たぶん新卒用の適職診断ツールですが、第二新卒でも参考になるかと。

 

20分くらいかけて151の質問に答えると、向いてる仕事を診断してくれます。

フューチャーファインダー

  • 自己分析
  • 性格診断
  • 合ってる会社

とかも診断してくれますよ。

 

フューチャーファインダー無料なので、試しにどうぞ。

⑦応募企業で将来どうなりたいかが明確

応募企業で将来どうなりたいか伝えましょう。

面接官が、あなたを採用した将来をイメージしやすいから。

 

この辺は企業分析をすればわかります。

でも、企業分析とかってよくわからない…

キャリアプランとかってやつでしょ?

 

よくわからないから、将来どうなりたいかなんて説明できないよ…

という人は、応募企業のホームページの「社員インタビュー」みたいなページを見ればOK。

 

困ったら、

ホームページで見た、社員の◯◯さんみたいになりたいです

って言えばOK。

面接官も具体的な人を言ってもらう方が、イメージしやすいです。

第二新卒の転職の成功例【僕が相談対応した事例】

第二新卒の転職の成功例【僕が相談対応した事例】

第二新卒で転職した人の成功例を紹介しますね。

実際に僕が相談対応して、第二新卒の転職に成功した人の事例です。

大手から中小企業に転職したAさんの事例

Aさんは大手メーカーに勤めていましたが、企業の歯車になってるのが嫌で転職を決意。

もっと裁量権があって、やりがいのある仕事をしたかったそうです。

 

相談を受けたので、中小企業への転職を提案しました。

中小企業は、社員1人あたりの裁量権が大きく、スキルも身につきやすいので。

 

会社の大きさにこだわらなかったAさんは、転職エージェントに登録していくつか企業を紹介してもらいました。

面接では「すぐ大手企業を辞める理由」を聞かれた

面接では案の定、

なぜ、すぐに大手企業を辞めるのか?

と聞かれたそうです。

今の会社はたしかに素晴らしい大手企業です。

しかし、どうしても業務が細分化されてしまい、スキルが身につきにくいと思いました。

 

新卒の就活で、ここまでを見抜けなかったことを反省しています。

なので今回は、将来も役立つスキルを身につけることを重視して企業分析しました。

 

御社の◯◯事業は、今後さらに需要が伸びていくと思いましたし、そこでスキルを身につけることができれば、将来にも役立つと思います。

まずは1日も早く業務を覚え、スキルを磨き、御社に貢献したいです。

こんな感じで伝えたら、採用されたそうです。

Aさんが採用されたポイント

企業分析の甘さを反省していることを伝え、

失敗を活かしていることを伝えたのがポイントですね。

前回の就活よりも慎重に企業を選んでる感じがするし、その結果この企業に応募した=本気と伝わります。

  • 短期退職の反省を伝える
  • その失敗を今回の転職活動に活かしている

という内容は、セットで伝えればOKですね。

 

ちなみに、他の転職の成功体験談を、

20代の転職体験談6選を成功例と失敗例で紹介【転職に失敗しないコツ】にまとめたので、参考にどうぞ。

20代の転職体験談6選を成功例と失敗例で紹介【転職に失敗しないコツ】

第二新卒の転職成功率を上げる2つの方法【これで大丈夫】

第二新卒の転職成功率を上げる2つの方法【これで大丈夫】

とにかく転職に失敗したくない。

できるだけ転職の成功率を上げる方法があるのかな?

という人は、下記の2つを実践すればOKです。

  1. 自己分析を徹底する
  2. 転職成功率が高い転職エージェントに相談する

1つずつ解説しますね。

自己分析を徹底する

自分のことがわからないと、ミスマッチが起きるからです。

うっかりブラック企業に転職しちゃう人は、だいたい自己分析が甘いです。

 

自己分析のやり方は、【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめたので、参考にどうぞ。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

また、ブラック企業を見分ける方法を、

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめたので、心配な人はどうぞ。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

転職成功率が高い転職エージェントに相談する

初めての転職だから、やっぱり自信がない…

という人は、ムリせず転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは転職のプロなので、

転職の成功率が高くなるからです。

 

あなたが転職のプロになる必要はないので、プロに任せちゃった方が安全ってことです。

  • 自己分析
  • 向いてる仕事の診断
  • あなたにあってる企業の紹介
  • 応募企業ごとに履歴書や面接の対策

などをすべて無料でやってくれるので、成功率を高めたいなら頼っちゃえばOKです。

 

第二新卒の転職成功率が高い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

まとめ【第二新卒の転職に成功するコツ7選を実践しよう】

まとめ【第二新卒の転職に成功するコツ7選を実践しよう】

第二新卒の転職に成功するコツは、下記の7つです。

  1. 退職理由はポジティブに伝える
  2. 短期退職の反省を伝える
  3. 最低限のビジネススキルがあることをアピールする
  4. 前職で身につけたスキルをアピール
  5. 仕事を続けながら転職活動する
  6. 向いてる仕事を選ぶ
  7. 応募企業で将来どうなりたいかが明確

また、転職成功率を上げたいなら、

  • 自己分析を徹底する
  • 転職成功率が高い転職エージェントに相談する

がコツです。

 

本気で転職したいなら、すぐに転職活動を始めましょう。

迷って行動しないほど、転職は不利になります。

 

転職は1歳でも若い方が有利なので。

転職活動は3ヶ月くらいかかるし、今はコロナ不況なのでもっと長期化するかも。

 

結論、本気ならすぐに行動開始です。

 

ちなみに、この記事で紹介した無料の適職診断ツールは、フューチャーファインダーです。

 

また、第二新卒の転職成功率が高い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!