第二新卒の転職は難しいのか【向いてる仕事×手に職で人生は大丈夫】

第二新卒の転職は難しいのか【向いてる仕事×手に職で人生は大丈夫】

第二新卒で転職するのって難しいの?

今の仕事がキツいから辞めたいんだけど、こんなすぐ辞めたら転職が不利かな…?

もうまともなところに転職できなかったらどうしよう…

 

どうすれば転職がうまくいくかな?

あと、第二新卒で転職しても人生は大丈夫…?

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 第二新卒の転職が難しいのかわかる
  • 第二新卒で転職に成功する方法がわかる
  • 第二新卒で転職しても人生は大丈夫だとわかる

 

僕、佐藤誠一は「全国職業相談センター」というサイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

第二新卒の人からの相談も多く、僕がアドバイスして転職に成功した人も多いです。

 

結論、第二新卒でも転職は可能です。

ただし、転職の難易度が上がってしまうケースがあるので、記事内で解説しますね。

転職に成功するコツもまとめたので、参考にどうぞ。

 

また、僕自身も第二新卒で転職した経験があります。

第二新卒で転職しましたが、人生は大丈夫でしたよ。

僕の経歴は下記のとおり。

年齢 職業 成功or失敗
21~22歳 公務員 失敗(ブラック)
22~26歳 販売のバイト 成功(人間関係が良好)
26~31歳 保険の営業 失敗(多重債務になった)
31~33歳 保険代理店の営業 失敗(破産した)
33~36歳 Webマーケティング営業※全国職業相談センターはここ 失敗(人間関係トラブル)
36歳~現在 Webライター 成功(ノマド生活が最高)

何回か転職に失敗しましたが、現在はWebライターとしてノマド生活を楽しんでます。

結論、向いてる仕事×手に職をつければ、第二新卒で転職しても人生は大丈夫。

 

こんな僕が書いた記事なので、それなりに信ぴょう性があると思います。

第二新卒で転職を考えるあなたの参考になればうれしいです。

第二新卒の転職は難しいのか【結論:難しいケースがある】

第二新卒の転職は難しいのか【結論:難しいケースがある】

結論、第二新卒でも転職は可能です。

ただし下記のように、転職の難易度が上がるケースがあります。

  1. コロナで以前より転職は難しくなった
  2. 大手への転職は難易度が上がる
  3. 転職理由がネガティブな人は難しい
  4. こだわりが強い人は難しい
  5. 1年未満で辞めた人は難しい

1つずつ解説するので、改善していけば普通に転職できますよ。

※もちろんまともな会社に転職が可能です。

①コロナで以前より転職は難しくなった

正直、コロナ発生後はちょっと転職が難しくなってます。

不況で、採用を控える企業が増えたから。

厚生労働省が発表している有効求人倍率も、コロナ発生後に下がっています。

有効求人倍率

 

え~…

じゃあ転職できないの…?

と思うかもですが、安心してください。

第二新卒は「若さ」という最大の武器をもってるので、コロナ不況下でも転職可能です。

事実、コロナ禍でも第二新卒で転職してる人はたくさんいます。

【解決策】第二新卒が採用されやすいところに行けば問題なし

コロナ禍でも採用されやすいところに転職すれば、特に問題なしです。

具体的には下記が採用されやすいですね。

  1. 中小企業
  2. ベンチャー企業
  3. 未経験から転職できる職種

 

この辺は、下記の記事で解説してるので参考にどうぞ。

②大手への転職は難易度が上がる

第二新卒で大手企業に転職するのは、ちょっと難易度が上がります。

なぜなら、大手は人気だから。

シンプルに応募数が多いので、採用倍率が高いです。

 

ただ、決して「大手に転職できない」というわけではありません。

実際に大手でも、第二新卒の採用枠を設けてるところがあります。

 

この辺は、第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】を参考にどうぞ。

結論、大手への転職も可能です。

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】

③転職理由がネガティブな人は難しい

転職する理由がネガティブな人は、採用されにくいです。

なぜなら、印象が悪いから。

 

もしあなたが面接官だとして、「なぜ前職を辞めたんですか?」という質問に下記が返ってきたら採用しないですよね?

  • 仕事がつまらなかったので。
  • 給料が安かったので。
  • 休みが少なかったので。

なんかやる気を感じないから、採用しないかと。

 

下記のように、ポジティブな転職理由にすれば内定率が上がります。

  • 新しい仕事に挑戦したいからです。
  • スキルアップしたかったからです。
  • 御社の仕事をしたいからです。

この辺は、【例文あり】第二新卒の転職理由の型8ステップ【面接を攻略しよう】を参考にどうぞ。

【例文あり】第二新卒の転職理由の型8ステップ【面接を攻略しよう】

④こだわりが強い人は難しい

転職のこだわりが強い人は、採用されにくいです。

シンプルに、応募できる求人が減るから。

 

例えば、下記のような人は要注意。

  • どうしても事務職がいい
  • 公務員になりたい
  • 大手じゃなきゃダメ

これだと応募数が減っちゃうので、打率の問題で内定数が少なくなります。

 

コツは「譲れない条件」だけを決めること。

譲れない条件以外は「譲ってもいい条件」なので、選択肢が広がります。

⑤1年未満で辞めた人は難しい

前職(現職)が1年未満の人は、採用されにくいです。

「すぐ辞める人」に見えるから。

 

企業にとって一番の損失は、採用した人材がすぐ辞めること。

人を採用するのにもお金がかかるので、すぐ辞める人を採用したい企業はありません。

可能であれば、1年以上がんばってから転職するのが無難です。

 

どうしても1年未満で転職したい人は、第二新卒で2回目の転職はちょっと不利【大丈夫、まともな転職は可能】をどうぞ。

1年未満で転職できるノウハウを解説してます。

第二新卒で2回目の転職はちょっと不利【大丈夫、まともな転職は可能】

第二新卒の転職に成功する7つのコツ

第二新卒の転職に成功する7つのコツ

第二新卒の転職に成功するには、どうしたらいいの?

結論、下記の7つが第二新卒の転職にコツです。

  1. 退職理由はポジティブに伝える
  2. 短期退職の反省を伝える
  3. 最低限のビジネススキルがあることをアピール
  4. 前職で身につけたスキルのアピール
  5. 仕事を続けながら転職活動する
  6. 向いてる仕事を選ぶ
  7. 応募企業で将来どうなりたいかが明確

 

詳細は、第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】にまとめてます。

これでだいたいは成功するので、実践してみてください。

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】

もし転職に失敗しても大丈夫【また転職できます】

でも、もし転職に失敗したらどうしよう…

結論、第二新卒の転職に失敗しても、あまり問題ありません。

なぜなら、若いのでまた転職できるから。

※僕も20代で2回転職してます。

 

若さ=可能性なので、即戦力じゃなくても採用されますよ。

転職回数が多いことを面接で指摘されても、理由を説明できれば問題なしです。

参考:第二新卒の転職回数は2回までが望ましい【でも3回以上でも大丈夫】

 

仮に失敗してもまたやり直せるので、本気なら転職活動を始めてみましょう。

不安なら転職エージェントに相談してもいい

う~ん、でも転職活動の自信がない…

初めての転職だし、1人で転職活動するのは不安…

という人は、転職エージェントに相談してもいいかも。

彼らは、第二新卒の転職のプロだから。

 

無料で下記をやってくれますよ。

  1. あなたに合う仕事・会社の紹介
  2. 内定が出やすい履歴書の内容を考えてくれる
  3. 内定が出やすい面接の台本を考えてくれる

あなたが転職のプロになる必要はないので、プロに任せるとだし内定も出やすいです。

 

無料なので、担当者との相性をみつつ、紹介される求人をみてから利用するか決めてもOK。

第二新卒に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

第二新卒で転職しても人生は大丈夫【向いてる仕事×手に職】

第二新卒で転職しても人生は大丈夫【向いてる仕事×手に職】

転職活動のイメージはなんとなくわかった。

でも、第二新卒で転職しちゃうと出世できないのかな…?

新卒組とは違うレールに乗せられて、人生が脱落していかない…?

結論、第二新卒で転職しても人生は大丈夫。

なぜなら、終身雇用が崩壊して、手に職がある人が生き残る時代だから。

もはや「新卒で就職した会社で定年まで勤める」って時代じゃないので、手に職をつければ第二新卒でも人生は問題なしです。

 

そして、できれば「向いてる仕事×手に職」を選びましょう。

才能がある手に職を選べば、人生がイージーになるから。

【体験談】向いてる仕事×手に職で人生が安定した

冒頭でも触れましたが、現在の僕はWebライターをやってます。

ぶっちゃけ、Webライターは向いてました。

少ない労力で、多くの成果が出るんですよね。

何回か転職に失敗しましたが、ようやく「天職に出会えた」と思いました。

 

しかも、Webライターは技術職なので、完全に手に職がついた感じ。

多くの企業さんから執筆依頼をもらいましたが、受けきれなくて断りました。

 

現在の生活はこんな感じです。

  • 通勤なし
  • めんどくさい人間関係なし
  • 休憩も休日も自由
  • 起きる時間も寝る時間も自由
  • 年収750万円くらい

控えめにいっても幸せです。

 

結論、向いてる仕事×手に職で人生は安定します。

せっかく転職するなら、向いてる仕事×手に職がおすすめ。

あなたに向いてる仕事がわかる方法

でも、自分に向いてる仕事がわからない…

という人は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】をどうぞ。

記事内で、あなたに向いてる仕事がわかる方法を解説してます。

意外な天職が見つかるかもです。

【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】

第二新卒が身につけた方がいい手に職7選

おすすめの手に職ですが、下記の7つかなと。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたので参考にどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

まとめ【第二新卒の転職が難しいケースはあるけど、対策すれば問題なし】

まとめ【第二新卒の転職が難しいケースはあるけど、対策すれば問題なし】

ということで、本気で転職したいならさっそく転職活動を始めましょう。

行動しないと何も始まらないので。

 

求人って流動的なので、あなたに合う求人が来週にはなくってることもあります。

本来は転職できたはずの会社に転職できないので、人生単位の損失かと。

 

動くべきは今日からでして、今日からできることを始めてみましょう。

今日から行動して、あなたに合う仕事に転職して、人生を楽しめばOK。

 

第二新卒の転職に成功するコツは、下記の7つです。

  1. 退職理由はポジティブに伝える
  2. 短期退職の反省を伝える
  3. 最低限のビジネススキルがあることをアピール
  4. 前職で身につけたスキルのアピール
  5. 仕事を続けながら転職活動する
  6. 向いてる仕事を選ぶ
  7. 応募企業で将来どうなりたいかが明確

詳細は、第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】をどうぞ。

 

転職活動が不安なら、転職エージェントにサポートしてもらうのもアリかと。※無料

第二新卒に強い転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

向いてる仕事×手に職をつければ、第二新卒で転職しても人生は大丈夫です。

あなたに向いてる仕事がわかる方法は、【失敗を防ぐ】転職活動の始め方を5つの手順で解説【楽しい人生へ】で解説してます。

※失敗しない転職活動の手順もわかるので、一石二鳥かと。

 

第二新卒におすすめの手に職は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

 

あとは行動あるのみ。

行動すれば今の状況から抜け出せるし、本来あなたがいるべき場所で活躍できる人生になるかと。

 

あなたの転職に参考になればうれしいです( ̄^ ̄)ゞ