第二新卒の学歴フィルターはどこから?【大手企業に転職する方法】

第二新卒の学歴フィルターはどこから?【大手企業に転職する方法】

第二新卒の転職って、学歴は関係あるのかな?

できれば大手に転職したいけど、学歴フィルターあるの?

 

今の会社が辛すぎるから転職したいんだよね。

できれば大手に転職して、人生を安定させたいよ。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 第二新卒に学歴が関係あるのかわかる
  • 学歴が高くなくても大手に転職する方法がわかる
  • 大手=安定ではないとわかる

 

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系ブログで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

第二新卒の学歴フィルターは、大手企業を中心に存在します。

 

高学歴な人は大手を狙ってもいいですが、そうじゃない人は作戦が必要。

100%ではありませんが、高学歴じゃなくても大手に転職する方法を解説します。

 

実際に僕がアドバイスして、大手に転職した第二新卒の人もいるので信ぴょう性あるかと。

そのノウハウをまとめたので、転職の参考になればうれしいです。

第二新卒の学歴フィルターはどこから?【大手は学歴重視】

第二新卒の学歴フィルターはどこから?【大手は学歴重視】

結論、大手企業は学歴重視です。

応募者が多く、書類選考の段階で学歴で判断してるから。

 

一生懸命に履歴書を書いても、ほとんど見られてないってことです。

大手企業の転職は、高学歴が必要です。

一般職も学歴重視

一般職も学歴重視ですね。

理由は、人気だから。

 

応募者が多いので、採用担当者が手間を省くために学歴フィルターをかけてます。

大手の第二新卒の学歴フィルターはけっこう高い

大手企業とかが第二新卒にかける学歴フィルターは、下記のようなイメージ。

結論、新卒の学歴フィルターとあんまり変わりません。

  • 東京大学
  • 大阪大学
  • 名古屋大学
  • 北海道大学
  • 東北大学
  • 京都大学
  • 九州大学
  • 明治
  • 青山学院
  • 中央
  • 法政
  • 立教
  • 慶應義塾
  • 早稲田
  • 上智大学
  • 関西大学
  • 関西学院
  • 同志社
  • 立命館
  • 各都道府県の国立大学

該当する人は大手を目指してOK。

 

該当しない人は、大手に転職する方法を後述してるのでどうぞ。

【注意】学歴が高くても採用されるわけじゃない

ただし、学歴が高いという理由だけで採用されるわけではありません。

第二新卒は、学生じゃないので。

 

社会人経験があるので、学歴以外をけっこう見られます。

 

例えば、高学歴でも下記のような人は不採用です。

  • 基礎的なビジネスマナーが身についてない
  • わがまま
  • 横柄な態度

 

特に、基礎的なビジネスマナーが身についてないのは痛いですね。

そっから教えないといけないのかよ…

と思われて不採用になります。

中小企業は将来性や前職の実績重視【学歴関係なし】

中小企業は、あんまり学歴が関係ないです。

応募者自体が少ないので、履歴書をすみずみまで見てくれるから。

  • 将来性
  • 前職の実績
  • 人間性

なんかを見られます。

 

割と採用されやすいので、確実に転職したい人は中小企業がおすすめ。

中小企業でも優良企業・ホワイト企業はあるので、安心してください。

 

ブラック企業を避ける方法は、

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

募集が多い職種は学歴関係なし【未経験でも転職できる】

募集が多い職種は学歴があんまり関係ないので、転職しやすいです。

具体的には下記のような職種です。

  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • 営業
  • 運送業(ドライバー)
  • 建設業

終身雇用が崩壊したので、これからは手に職をつけるのが重要。

大手企業もリストラする時代なので、手に職をつける方がよっぽど安定しますよ。

 

手に職がつくおすすめの職種は、

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたのでどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

高学歴じゃない第二新卒が大手企業に転職する方法【100%じゃないけど】

高学歴じゃない第二新卒が大手企業に転職する方法【100%じゃないけど】

僕、学歴高くないんだよね…

大手はムリかなぁ…

なんとか大手に転職できないかなぁ…

という人は、下記の3つを試してみてください。

  1. 入社難易度が低い大手企業を狙う
  2. 今の仕事で大きな実績を作る
  3. 大手を紹介してる転職エージェントに助けてもらう

大手は難関なので100%ではないですが、

大手に転職できる可能性が上がります。

 

1つずつ解説しますね。

①入社難易度が低い大手企業を狙う

大手の中にも、採用されやすい企業があるのでそこを狙いましょう。

大手でも、

  • 若手が不足してる
  • 第二新卒の採用に積極的

などの理由で、学歴が高くなくても第二新卒が転職しやすい企業があるんです。

 

具体的な企業名は、

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】にまとめたのでどうぞ。

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】

②今の仕事で大きな実績を作る

難易度は高いですが、ぶっちゃけこれが一番ですね。

企業は勉強できる人より、仕事ができる人がほしいから。

 

もし、今の会社で大きな実績を作れる可能性があるなら、挑戦してみましょう。

学歴フィルターなんか、関係なくなりますよ。

【ちなみに】実績を作って中途採用枠で応募する手もあり【時間をかけよう】

数年間は、今の会社で実績を作るのもありですよ。

中途採用枠で大手に転職できるから。

 

大きな実績を作ったら、中途採用枠に応募しましょう。

中途採用枠=即戦力採用なので、実績があれば学歴なくても採用されますよ。

 

転職のタイミングは、20代後半ですね。

第二新卒の転職にこだわらない人は、時間をかけて大手を狙うのもアリです。

③大手を紹介してる転職エージェントに助けてもらう

とかは、第二新卒に大手の紹介をしているので利用して損はないかと。

大手の転職エージェントなので、大手企業とのパイプがあるんですよね。

 

普通に応募したら書類選考で落ちるのに、転職エージェント経由だと面接まで行けるとかはよくあることです。

 

ただし、転職エージェントを使ったからといって、採用されるかは別です。

履歴書対策とか面接対策もサポートしてくれますが、最後は本人の力がすべて。

 

大手の転職エージェントを使うことで「チャンスが広がる」という認識です。

 

マイナビジョブ20sとtype転職エージェントは、下記の2記事にくわしくまとめてます。

人生を安定させるなら大手がすべてじゃない【学歴がない第二新卒も大丈夫】

人生を安定させるなら大手がすべてじゃない【学歴がない第二新卒も大丈夫】

大手=安定だと思われがちですが、これからの時代はそうでもないですよ。

前述のとおり、大手も大型のリストラをやってますからね。

 

40代で大手をリストラされたら、かなりきつい人生ですよ。

 

大手は、業務が細分化されてるので、

実はスキルが身につきにくいです。

※スキルを身につけるなら、業務が細分化されてない中小企業の方が良いですよ。

 

結論、「大手に転職すれば人生安泰」とは限りません。

2020年以降の安定は、リスク分散だと思う

不安定な時代なので、リスクを分散しましょう。

例えば、

  • 大手に転職するけど、手に職がつく副業もやる
  • 中小企業でスキルを身につけて、起業を狙う

など、リスクを分散しとくと人生の危険度が下がります。

 

極端な言い方ですが、今の時代に安定はないので、攻め続ける姿勢も大事かと。

 

結論、大手に転職すれば安定ってわけじゃないので、盲目的に大手を目指すのは危険です。

リスク分散して、人生の安定を手に入れましょう。

まとめ【大手だと第二新卒も学歴フィルターがあるけど、転職できる可能性はある】

まとめ【大手だと第二新卒も学歴フィルターがあるけど、転職できる可能性はある】

この記事をまとめます。

  • 大手企業や一般職は、応募が多いので学歴重視になる
  • 大手の第二新卒の学歴フィルターは、新卒とあまり変わらない
  • 中小企業や募集が多い職種は、学歴があまり関係ない

 

そして、学歴が高くない第二新卒が大手に転職する方法は下記の3つです。

  1. 入社難易度が低い大手企業を狙う
  2. 今の仕事で大きな実績を作る
  3. 大手を紹介してる転職エージェントに助けてもらう

 

本気で転職したいなら、すぐに行動開始しましょう。

転職は1歳でも若い方が有利なので。

 

第二新卒ブランドを失ったら、即戦力の中途採用枠しかありません。

 

第二新卒のメリットは、実績が少なくても将来性で転職できること。

なので、本気ならすぐに転職活動を始めましょう。

 

ちなみに、大手を紹介してくれる転職エージェントは、下記の2社です。

2社の詳細は、下記の2記事にまとめたのでどうぞ。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです。