第二新卒は転職に不利じゃない【でもコロナ不況が本格化すると不利】

第二新卒は転職に不利じゃない【でもコロナ不況が本格化すると不利】

第二新卒って、転職が不利なのかな…?

今は会社はまだ2年目だし、

「すぐ辞める人」って思われて転職できないんじゃない?

 

すぐに転職するのはよくないかもしれないけど、

もし不利じゃないなら、すぐ転職したいな。

 

できたら希望の仕事に転職したいよ…

あーあ、はやく辞めたい…

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 第二新卒は転職が不利じゃないとわかる
  • 第二新卒で希望の仕事に転職する方法がわかる
  • 転職を迷うときの考え方がわかる

僕、佐藤誠一はこのサイトや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談にのってきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

結論、第二新卒の転職は不利じゃないです。

なので、転職を考えてるなら行動に移してOK。

 

ただし弱点もあるので、弱点をわかった上で転職活動しましょう。

 

僕がアドバイスして希望の仕事に転職できた人も多く、そのノウハウを記事にまとめました。

第二新卒で転職したいあなたの参考になればうれしいです。

第二新卒は転職に不利じゃない【ただし注意事項あり】

第二新卒は転職に不利じゃない【ただし注意事項あり】

結論、第二新卒は転職に不利じゃないです。

なぜなら、まだ人材不足は続いてるから。

 

厚生労働省が発表した、令和2年4月の有効求人倍率は1.23倍です。

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

コロナ不況が始まったとはいえ、まだ1倍以上。

求職者1人に対して、1.23件の求人があるということです。

 

一般的に転職は若い方が有利なので、第二新卒は特に有利ということです。

【ただし】第二新卒の弱点を知っておこう

ただし、第二新卒にも弱点があります。

弱点は下記の3つ。

  1. 短期退職なので「すぐ辞める人」に見える
  2. 仕事の経験が浅い
  3. 実績が少ない

この辺の弱点は、自己PRで払拭すればOK。

 

第二新卒の弱点を補う自己PRのコツは、

第二新卒の3つの強みと弱み【内定が出やすい自己PRの例文も解説】にまとめたので、読んでおきましょう。

 

ぶっちゃけ、コツさえ押さえればカンタンです。

第二新卒の3つの強みと弱み【内定が出やすい自己PRの例文も解説】

基本的には成功する転職活動方法をやれば問題なしです

僕がまとめた「第二新卒が転職に成功する方法」を、

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】に書いたのでどうぞ。

 

この方法で、第二新卒の転職に成功した人が多いです。

実績が出たノウハウなので、けっこう信ぴょう性があるかと。

 

結論、この方法を押さえておけば問題なしです。

第二新卒が転職に成功するコツ7選【事例や成功率を上げる方法も解説】

第二新卒の内定が出やすいのは4月と10月

さらに第二新卒の転職を有利にするために、

4月と10月を狙って転職しましょう。

4月と10月は、第二新卒の採用が増えるから。

  • 4月:新卒が入る時期
  • 10月:人事異動の時期

で、第二新卒を受け入れてる企業が多いです。

 

この辺は、第二新卒が転職しやすい時期は4月と10月【すぐに転職できる方法】にまとめたのでどうぞ。

タイミングを図れば、大手企業とかに転職も可能です。

第二新卒が転職しやすい時期は4月と10月【すぐに転職できる方法】

第二新卒が採用されやすい職種を選ぶとなお良し

さらに転職を有利にするなら、採用されやすい職種を選ぶのがコツ。

第二新卒を積極的に募集している職種なので、内定率が高いから。

 

具体的には、下記の職種はおすすめです。

  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • マーケティング
  • 営業

いずれも未経験から転職できるので、心配ご無用です。

また、すべて手に職系の仕事なので、終身雇用が崩壊した現代向き。

 

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめたのでどうぞ。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

コロナ不況が深刻化する前に転職するのもアリ

前述のとおりコロナ不況が始まってるので、不況が本格化する前に転職しちゃうのもアリ。

不況が本格化すると、募集が減るから。

 

特に、第二新卒は未経験者なので不利です。

そりゃ、即戦力人材の方が優遇されますからね。

 

本気で転職したいなら、時代の流れを読んで今のうちに転職しましょう。

 

コロナ不況下での転職活動については、

【コロナの影響】20代後半の未経験転職が厳しい時代に【変化が必要】にまとめてます。

※20代後半向けの記事ですが、第二新卒でも同様です。

【コロナの影響】20代後半の未経験転職が厳しい時代に【変化が必要】

【注意】1年未満の転職は不利です

ただし唯一、入社1年未満の第二新卒は転職は不利です。

さすがに短すぎるから。

 

1年未満で転職したい第二新卒

でも、どうしても転職したい…

今の会社が嫌すぎる…

という人は、【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】をどうぞ。

1年未満でも転職できる方法をまとめてます。

【悲報】一年未満の第二新卒の転職は難しい【それでも転職できる】

第二新卒が希望の仕事に転職するコツ【不利を払拭】

第二新卒が希望の仕事に転職するコツ【不利を払拭】

第二新卒が不利じゃないなら、

希望の仕事に転職することもできるのかな?

仕事にもよりますが、可能です。

新卒しか採用しないような超大手は難しいですが、それ以外の大手でも第二新卒の募集は出てますよ。

大手企業に転職も可能です【募集あり】

第二新卒を募集している大手企業は、

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】にまとめてます。

 

普通に転職できる大手もありますよ。

今が中小なら給料が上がる可能性大です。

第二新卒は大手に転職が無理じゃない【募集がある35社も紹介する】

【悲報】自己分析の手を抜くと書類選考で落ちます

第二新卒でも希望の仕事に転職可能ですが、自己分析の手を抜くと落ちます。

転職理由が曖昧になるから。

 

その他、自己分析で手を抜くと下記が曖昧になって、書類選考すら通りません。

  • 志望動機
  • 自己PR

 

転職活動で最初にやることは、企業選びではなく自己分析です。

あなた自身のことを知らないと、何がしたいのかわかりませんからね。

 

カンタンな自己分析の方法は、

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめてます。

 

ここで手を抜かなければ、転職の成功率はグッと上がります。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

希望の会社に転職したい→キャリアカウンセラーをつけましょう

希望の会社に転職したいなら、キャリアカウンセラーに相談するのが無難です。

転職のプロだから。

 

同じ会社に何度も応募はできないので、一発勝負。

ミスれないので、プロの力を借りると成功しやすいですよ。

キャリアカウンセラーは転職エージェントに相談すればOK

キャリアカウンセラーは転職エージェントに在籍してるので、相談すればOK。

  • 書類選考を通過できる履歴書の添削
  • 応募企業に合わせた面接の練習

なんかもやってくれるので、1人で対策するより圧倒的に内定率が高くなります。

 

幸いすべて無料なので、試しに相談するレベルもアリです。

 

第二新卒に強い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

【朗報】場合によっては年収アップできるかも

ついでに、転職で年収アップとかできるのかな?

結論、条件がそろえば可能です。

具体的な条件は下記のとおり。

  • 年収が高い仕事に転職
  • 中小→大手に転職
  • 年収交渉に成功する

 

年収アップの具体的なノウハウは、

第二新卒の平均年収は322万円【20代前半で年収500万円稼ぐ方法】にまとめてます。

お金ほしい人はどうぞ。

第二新卒の平均年収は322万円【20代前半で年収500万円稼ぐ方法】

第二新卒で本当に転職するか迷う人へ【歳とるほど不利ですよ】

第二新卒で本当に転職するか迷う人へ【歳とるほど不利ですよ】

第二新卒が転職に不利じゃないことも、

希望の仕事に転職できる可能性があることもわかった。

 

でも、本当に転職していいのか迷うなぁ…

だって「石の上にも3年」とか言うじゃん?

決断するのはあなたですが、迷うなら転職してもいいと思いますよ。

だって、今の会社でずっと働きたくないでしょ?

 

転職は若いほど有利なので、今日が一番有利ってことです。

 

転職に迷うときの考え方は、

【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【失敗しない3つのコツ】にまとめてます。

 

上司=未来のあなたなので、憧れないなら転職しましょう。

【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【失敗しない3つのコツ】

まとめ【結論:第二新卒は転職に不利じゃない】

まとめ【結論:第二新卒は転職に不利じゃない】

この記事をまとめます。

  • まだ人材不足は続いてるので、第二新卒の転職は不利じゃない
  • 短期退職、経験不足、実績が少ないなどの弱点があるので、払拭するノウハウを実践しよう
  • 4月と10月に転職したり、採用されやすい職種を狙うと不利じゃない
  • コロナ不況が深刻化する前に転職しちゃうのもアリ
  • 大手に転職も可能だが、自己分析をサボると書類選考で落ちる
  • 希望の会社に転職したいなら、キャリアカウンセラーに助けてもらう

本気で転職したいなら、今すぐ行動開始です。

前述のとおり、コロナ不況が深刻化する可能性があるから。

 

実績が少ない第二新卒は、不況下での転職は不利です。

 

具体的な転職活動の手順は、

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめたのでどうぞ。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

 

また、記事内で紹介した第二新卒に強い転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

あなたが転職に成功するのを祈ってます。