50代の転職が決まらない理由【体力的に楽な副業をプラスしましょう】

50代の転職が決まらない理由【体力的に楽な副業をプラスしましょう】

50代の転職が決まらない理由を知りたい。

かなり応募したけど、内定が出ない…

子供を大学に活かせたいし、生活も苦しいからなんとかしないと…

 

でも現実は厳しいな、手に職とかつけておけばよかった…

転職で年収が減るのも困るな…

どうしたら良い仕事に転職できるだろう…?

こういった疑問や悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 50代の転職が決まらない理由がわかる
  • 50代で転職を成功させるコツがわかる
  • どうしても内定が出ない場合の対処法がわかる

 

僕、佐藤誠一はこのブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談を受けてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

50代で転職が決まらない人からの相談も多かったです。

 

結論、50代の転職は普通のやり方では決まりません。

コツがあるので、それを記事にまとめました。

僕がアドバイスしてうまくいった人もいるので、それなりに信ぴょう性はあるかと。

 

また、現在の僕はフリーランスのWebライターをやってます。

在宅でパソコン作業してるだけですが、年収は750万円くらい。

 

現代では正社員以外でも仕事はあるので、柔軟に考えれば策はありますよ。

この記事を読むことで、あなたも安心が手に入ります。

50代の転職が決まらない理由【採用担当者の本音】

50代の転職が決まらない理由【採用担当者の本音】

結論、50代の転職が決まらない理由は、

  1. 経験
  2. 技術
  3. 人脈

が足りないからです。

ちょっと厳しい言い方で申し訳ないですが、現実です。

 

その証拠に、経験・技術・人脈がある人は、50代でも転職できてます。

あなたが決まらない理由は、経験・技術・人脈が足りないからです。

「経験・技術・人脈ありますよね?」という目で見られてます

採用担当者の考えてることは、こんな感じ。

50年以上も生きてきたので、何か経験・技術・人脈がありますよね?

あって当然ですよね?

 

逆に何もなかったら、今まで何をしてきたんですか?

ほんと厳しいことを書いて申し訳ありませんが、事実です。

 

なので、もし内定が出ないなら経験・技術・人脈が基準を満たしてない証拠。

今から身につけるのも厳しいので、作戦を変えましょう。

【断言】50代から未経験の正社員転職はムリです

理由は上記のとおりで、キャリアを求められてるから。

なので、もし未経験の仕事に転職を考えてるなら、考えを変えてください。

 

今まで経験した業務を活かせる仕事に応募しましょう。

ちなみに転職が決まらない理由は、転職が決まらない人の7つの理由と解決策【あなたはダメじゃないよ】にもまとめてるので、参考にどうぞ

転職が決まらない人の7つの理由と解決策【あなたはダメじゃないよ】

50代の転職に成功する3つのコツ

50代の転職に成功する3つのコツ

経験・技術・人脈かぁ…

痛いとこ突くなぁ…

でも、ないものはないし、どうしたら転職できるの?

結論、下記の3つがコツです。

  1. 在職中に転職活動する
  2. 採用されやすい職種に応募する
  3. 友人・知人を頼る

1つずつ解説します。

①在職中に転職活動する

これは基本中の基本。

なぜなら、50代の転職は難航するので、辞めてからだと危険すぎるから。

 

在職中の転職活動のコツは、在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】にまとめてます。

在職中の転職活動のコツ3選【忙しいなら代わりにやってもらいましょ】

②採用されやすい職種に応募する

とりあえず転職できるからです。

代表的なのは「保険の営業」ですね。

 

かなり弱肉強食の世界ですが、50代でも転職できますよ。

最初の2年間は、少ないですが基本給も出ます。

※その後は、完全歩合制。

 

詳しくは、生命保険営業の給料を元保険屋が暴露【あなたが向いてるかも診断】にまとめてます。

生命保険営業の給料を元保険屋が暴露【あなたが向いてるかも診断】

③友人・知人を頼る

これが一番現実的かと。

友人・知人の信用を使えて有利だから。

  1. あなたの得意なこと
  2. 今まで経験した業務
  3. もってる資格

などを友人・知人に伝えて、求人がないか聞いてみましょう。

意外と中小企業って「隠れ求人」をもってたりします。

 

求人サイトやハローワークに出してないけど、

誰かいい人いないなぁ

とか探してたりするので、あなたから積極的に動きましょう。

掘り出し物求人が見つかることありますよ。

どうしても内定が出ない場合の対処法【本業+副業】

どうしても内定が出ない場合の対処法【本業+副業】

う~ん、どうしても内定が出ないんだよなぁ…

ほんと、どうしよう…

結論、「本業+副業」がおすすめです。

副業で収入補填できるから。

 

具体的には、下記のようなパターンがあります。

  1. 今のお勤めの仕事+在宅副業
  2. 収入が低い仕事に転職+在宅副業
  3. アルバイト+在宅副業

 

さらに、具体的におすすめの副業は下記の3つかなと。

  1. フルコミッション営業
  2. Webライター
  3. 動画編集

1つずつ解説しますね。

①フルコミッション営業

フルコミッション営業がおすすめの理由は、短い時間で効率的に稼げるから。

  1. アポの時間
  2. アポの準備の時間

しかありません。

 

そもそもフルコミッション営業=自由業なので、通勤とかもないですよ。

自宅が拠点でOKだし、会うのは外なのでコストも安いです。

 

デメリットは、営業経験とかがないと厳しいことかなと。

ある程度の人脈も必要です。

 

フルコミッション営業の始め方は、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】にまとめてます。

フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】

②Webライター

Webライターがおすすめの理由は、下記の2つ。

  1. 在宅で稼げるから
  2. 日本語が書ければ始められるから

 

冒頭でもお伝えしましたが、僕はWebライターで年収750万円くらいです。

1日3時間くらいの労働で稼げてるので、割と効率的かと。

※もちろん最初からはムリですよ。スキルを積んでいけばって感じです。

 

Webライターの始め方は、「Webライターの完全講義」で解説してるので、興味あればどうぞ。

ノウハウは無料で勉強できますが、一部有料なので注意してください。

また、有料部分は本気で稼ぎたい人以外は購入しないでください。

③動画編集

どうが編集がおすすめの理由は、在宅で稼げるし、割とカンタンだから。

今ってYoutubeが伸びてる時代じゃないですか。

ですが、動画編集ができる人が足りてないので、参入しやすいですよ。

 

僕もYoutubeをやってるので動画編集してみたんですが、割と簡単でした。

絵を描くようなイメージに近いかも。

 

デメリットは、地味な作業の繰り返しであること。

でも、地味な作業をコツコツやるのが好きな人にはおすすめですよ。

 

仕事の受注は、下記のサイトからできます。

  1. ランサーズ
  2. クラウドワークス

【注意】おすすめしない副業

反対に、下記の副業はおすすめしません。

  1. タクシー運転手
  2. 代行の運転手
  3. コンビニのレジ打ち

なぜなら、体力の消耗が激しいから。

けっこう50代の人たちの副業の定番ですが、体を壊したら元も子もないですよ。

 

上記で紹介した、

  1. フルコミッション営業
  2. Webライター
  3. 動画編集

とかの方が、体力的に楽なので安全です。

 

安易に肉体労働を増やさないようしてください。

あなたの体が一番大切です。

まとめ【50代で転職が決まらないなら、作戦変更です】

まとめ【50代で転職が決まらないなら、作戦変更です】

ということで、本気でなんとかしたいなら、今日から動きましょう。

1歳でも年齢が上がると劇的に転職が難しくなるので、止まっている時間はありません。

 

できることからでいいので、今日から行動開始です。

そうすれば、安心して生きれる人生になりますよ。

 

50代の転職のコツは、下記の3つ。

  1. 在職中に転職活動する
  2. 採用されやすい職種に応募する
  3. 友人・知人を頼る

 

もしダメなら、「本業+副業」で稼ぎましょう。

おすすめの副業は下記の3つです。

  1. フルコミッション営業
  2. Webライター
  3. 動画編集

 

フルコミッション営業の始め方は、フルコミッション営業を経験者が解説【あなたがやっていけるか診断】をどうぞ。

 

Webライターと動画編集は、基礎学習から始めればOK。

Webライターの始め方は「Webライターの完全講義」で解説してます。

 

無料ですべて勉強できるので、勉強してからやるか決めてもいいくらいですよ。

※有料部分がありますが、本気の人しか購入しないでください。

 

ということで、あとは行動あるのみ。

行動すれば、人生の安心が手に入ります。