34歳で転職が決まらないのは年齢のせいじゃない【転職成功のコツ】

34歳で転職が決まらないのは年齢のせいじゃない【転職成功のコツ】

34歳で転職が決まらないんだけど、やっぱり年齢のせい…?

もう若くないから、転職するのは難しいかなぁ…?

 

このままずっと転職できなかったらどうしよう…

あとちょっとで、限界説と言われてる35歳になってしまう…

 

どうしたら34歳でも転職に成功できるの?

自分に合う仕事や会社に転職して、人生を安定させたい。

こういった悩みに応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 34歳で転職が決まらないのは年齢のせいじゃない
  • 34歳の転職に成功するコツがわかる
  • 転職が決まらないまま35歳になっても問題なし

 

僕、佐藤誠一は33歳で転職した経験があります。

※もうちょっとで34歳になるタイミングでした。

保険営業→Webマーケティングの営業に転職してます。

 

結論、34歳で転職できないのは、年齢のせいではありません。

約34歳で転職できた僕が、34歳の転職のコツを解説するので信ぴょう性あるかと。

 

仮に35歳になっても別に問題ないので、じっくりと人生を良くしていきましょう。

この記事を読むことで、あなたも人生の安定が手に入りますよ。

34歳で転職が決まらないのは年齢のせいじゃない【決まらない人の特徴】

34歳で転職が決まらないのは年齢のせいじゃない【決まらない人の特徴】

結論、34歳で転職が決まらないのは、年齢のせいじゃありません。

なぜなら、即戦力人材は何歳でも採用されるから。

 

以前は「35歳以下」の求人が多かったので、「35歳限界説」のイメージが今も残ってます。

※平成19年の法改正で求人に年齢制限を書くことが禁止されました。

 

でも35歳だろうが、40歳だろうが、転職してる人はいます。

くりかえしですが、即戦力だから採用される感じ。

doda

出典:doda

 

もう34歳だし、年齢が原因で転職が決まらないんだ…

ということではありません。

 

34歳で転職が決まらない人の特徴は、下記の3つです。

  1. 未経験職種を狙っている
  2. 即戦力になれない求人に応募してる
  3. 履歴書や面接が弱い

1つずつ解説するので、反面教師にしてください。

①未経験職種を狙っている

未経験で転職できるのは20代までです。

30代以降で未経験者を採用しても、一人前になる頃には30代後半。

会社で活躍できる期間が短いから、30代で未経験職種への転職は難しいんです。

 

今までの実績を活かせる職種に転職しましょう。

②即戦力になれない求人に応募してる

未経験でないまでも、即戦力になれない求人への応募も決まりにくいです。

34歳に期待されてるのは即戦力だから。

 

34歳だとある程度の経験があり、マネジメント経験とかも求められます。

なので、転職が決まらないのは、シンプルに経験が足りてないから。

即戦力になれる求人に応募するのがコツです。

③履歴書や面接が弱い

あなたの実績がうまく伝わってないから決まらない感じです。

履歴書や面接のコツは、転職が決まらない人の7つの理由と解決策【あなたはダメじゃないよ】にまとめたので、対策してみてください。

転職が決まらない人の7つの理由と解決策【あなたはダメじゃないよ】

34歳で転職に成功する3つのコツ

34歳で転職に成功する3つのコツ

じゃあ、どうすれば34歳でも転職できるの?

結論、下記の3つがコツです。

  1. 即戦力になれる求人に応募する
  2. 不足してるスキルは補う
  3. 30代に強い転職エージェントも使う

1つずつ解説しますね。

①即戦力になれる求人に応募する

前述のとおり、即戦力になれる求人に応募しましょう。

採用されやすいから。

 

冒頭でもお伝えしましたが、僕も保険営業→Webマーケティングの営業で転職できました。

理由は「営業では即戦力だったから」です。

売るものが違うけど、「相手は人間」という点では一緒ですからね。

 

あなたの経験を棚卸して、即戦力になれる求人を探せばOKです。

②不足してるスキルは補う

でも、即戦力になれる求人なんてないよ…

あんまりスキルとか実績ないし…

という人は、シンプルにスキルを増やせばOK。

スキルを補えば、採用されやすいからです。

 

具体的には下記のような感じ。

  1. 必要な知識を勉強する
  2. 必要な資格を取得する
  3. スクールに通ってスキルを勉強する

 

この辺は応募する職種によって違いますが、ないものは補えばOKです。

後述しますが、35歳を超えてしまっても、スキルがあれば転職できるから大丈夫。

③30代に強い転職エージェントも使う

彼らは30代の転職のプロだから。

プロなので、内定率がグンと上がります。

 

無料なので、とりあえず相談しつつ、紹介される求人をみつつ利用するか決めればOKです。

微妙なら、メール1本ですぐ相談をやめられますよ。

 

30代に強い転職エージェントは、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめたのでどうぞ。

30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】

「正社員になれればなんでもいい」は危険すぎる

なぜなら、高確率でブラック企業に転職しちゃうから。

ブラック企業は、転職弱者にすぐ内定を出してこき使おうとしてきます。

 

ブラック企業で長続きする人は少ないので、履歴書が汚れてさらに転職が不利になります。

結論、ブラック企業だけは避けましょう。

 

ブラック企業を見分けるコツは、ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

転職が決まらないで35歳になっても問題なし

転職が決まらないで35歳になっても問題なし

でも、もし転職が決まらないまま35歳になったらどうしよう…

35歳限界説がこわい…

結論、転職が決まらないまま35歳になっても大丈夫。

前述のとおり、スキルを身につけていけば転職できるから。

 

ようは「即戦力なら何歳でも採用される」って感じなので、あわてずじっくりとスキルを身につけていけばOKです。

副業でスキルを身につけるのもアリ

スキルを身につけるっていっても、そもそも転職できなきゃ経験できないじゃん…

という場合は、副業でスキルを身につければOK。

副業でもスキルは身につくし、アピール材料になるから。

 

この辺は、1年転職が決まらないならやり方を変えよう【憂鬱や焦りからの解放】にまとめてます。

副業で稼ぎつつ転職も有利になるから、一石二鳥ですよ。

1年転職が決まらないならやり方を変えよう【憂鬱や焦りからの解放】

フリーランスでも生きていける

転職できないのが不安な34歳

それでも正社員に転職できなかったらどうしよう…

結論、フリーランスになればOK。

今は正社員じゃなくても、普通に稼げる時代ですからね。

 

ちなみに現在の僕もフリーランスでして、年収750万円くらいです。

【体験談】フリーランスは年齢関係なし

僕は33歳でWebマーケティングの営業マンをしながら、副業でWebライターを始めました。

※本業に関係する内容だったので。

 

でも、Webライターの方が向いてたみたいで、36歳のときにフリーランスのWebライターに転向。

何度か食えないときもありましたが、現在は年収750万円くらいで安定しており、さらにじわじわと収入が増えてます。

 

フリーランスは自由になれるので、年齢制限は一切なし。

最初は副業から始めて、コツコツとスキルを身につければ生活できるようになります。

 

正社員がすべてじゃないので、自由に行きたいならフリーランスもありだと思いますよ。

詳しくは、無職の転職が決まらない3つの理由【決まらなくても人生は大丈夫】にまとめたので、興味あればどうぞ。

無職の転職が決まらない3つの理由【決まらなくても人生は大丈夫】

まとめ【34歳で転職が決まらないなら、やり方を変えましょう】

まとめ【34歳で転職が決まらないなら、やり方を変えましょう】

ということで、さっそくやり方を変えて転職活動してみましょう。

 

うまくいかないやり方を繰り返すと、ただ歳を重ねてしまいます。

どんどん転職が不利になるので、いいことないですよ。

 

年齢も年齢なので、今日からやり方を変えるべき。

「明日でいいや」は明日もやらないし、人生も変わらないまま。

 

今日からやり方を変えれば、人生の安定が手に入りますよ。

 

34歳で転職に成功するコツは、下記の3つ。

  1. 即戦力になれる求人に応募する
  2. 不足してるスキルは補う
  3. 30代に強い転職エージェントも使う

 

30代に強い転職エージェントは、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめてます。

無料なので、相談してから利用するか決めてもいいくらいですよ。

 

結論、即戦力のスキルがあれば何歳でも転職できるので、スキルが足りないなら焦らず身に付けていけばOK。

副業でスキルを積んでもいいし、フリーランスという生き方もあるのであまり問題ないかと。

 

いずれにせよ、行動しないと人生は変わりません。

今日から行動あるのみです。