30代でも公務員に転職できる【ただし、デメリットも多いので要注意】

30代でも公務員に転職できる【ただし、デメリットも多いので要注意】

30代でも公務員に転職できるのかな?

今の仕事はきついし、公務員って楽そうだし安定してそうだし、興味あるなぁ。

でも、そもそも応募できなかったらどうしよう…

 

あと、公務員試験の勉強とか大変そうだよなぁ…

公務員を目指すデメリットも知っておきたい。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 30代でも公務員に転職できるとわかる
  • 30代で公務員に転職できるコツがわかる
  • 公務員を目指すデメリットがわかる

 

僕、佐藤誠一は元公務員です。

公務員試験の予備校に通って勉強してましたが、普通に30代の人もいましたよ。

 

結論、30代でも公務員に転職することは可能です。

 

ただし、勉強はかなり覚悟してください。

30代だと、働きながら勉強しないといけないので。

※詳細は後述します。

 

ちなみに僕は、公務員は1年半で辞めてます。

あまりにキツすぎたから。

 

個人的には、公務員はあまり良い転職先じゃないと思います。

現在は在宅フリーランスのWebライターでして、年収は750万円くらい。

公務員時代よりはるかに楽で安定してるので、公務員を辞めてよかったです。

 

公務員を目指すデメリットも解説するので、将来設計の参考にどうぞ。

この記事を読むことで、あなたも今より楽で安定した人生になりますよ。

30代でも公務員に転職できる

30代でも公務員に転職できる

結論、30代でも公務員に転職できます。

なぜなら、30代でも募集できる公務員職種があるから。

 

地方公務員と国家公務員でちょっと違うので、解説していきます。

地方公務員は59歳まで応募できる

地方公務員の主な募集枠は、下記の2つ。

  1. 一般募集枠:年齢制限あり。自治体によっては30代後半だとムリ。
  2. 社会人経験者採用枠:基本、59歳まで応募できる。

 

結論、「社会人経験者採用枠」がおすすめ。

条件は各自治体で違うので、詳しくは応募する自治体の採用ページを見てみてください

 

社会人経験者採用枠のおおまかな条件は、下記のとおりです。

  1. 民間の職務経験5年以上
  2. 技術職の募集が多い(例:土木の経験者)

 

ただし、社会人経験者採用枠は応募が殺到するので高倍率です。

自治体によっては、倍率20倍を超えるので心してかかりましょう。

30代半ばまで募集してる自治体

上記で紹介した「一般募集枠」になりますが、下記の自治体は30代半ばまで募集してます。

※「行政職」という募集枠です。

秋田県、宮城県、仙台市、山形県、福島県、長野県、千葉県、相模原市、山梨県、富山県、福井県、岐阜県、静岡県、滋賀県、京都府、大阪府、大阪市、和歌山県、鳥取県、岡山市、徳島県、愛媛県、高知県、熊本県、沖縄県

 

年度によって変わることもあるので、詳しくは各自治体のホームページで確認してください。

警察官も30代で応募できる

下記の警察職も、30代で応募できます。

※公安系は人気がないんでしょうね。

  1. 警視庁
  2. 警察官
  3. 警察の通訳
  4. 警察の鑑識
  5. 警察の交通技術

こちらも各都道府県の採用サイトを確認してください。

国家公務員も30代で転職できる

国家公務員で、30代で応募できる職種は下記のとおり。

  1. 法務省専門職員採用の法務教官
  2. 一般職の高卒程度試験の社会人試験
  3. 刑務官
  4. 入国警備官
  5. 皇宮護衛官

40歳くらいまで大丈夫ですが、詳しくは人事院のサイトで確認してください。

臨時職員→正職員へ登用する方法もアリ

とりあえず臨時職員(非正規)で転職して、経験を積んでから内部の登用試験に合格して、正職員になる方法もあります。

 

ただし、正職員への登用は倍率が高く、けっこう勉強が必要。

割と狭き門なので、よほどの理由がない限りは、いきなり正職員に応募した方がいいかと。

最終学歴が高卒でも30代で公務員に転職が可能

公務員は学歴差別がないからです。

募集が「高卒程度」となっている募集枠ならOK。

 

前職期間とかも見られないので、この辺は民間企業より公平です。

【ただし】30代で公務員に転職すると1回給料が下がる

民間の転職と一緒で、転職してすぐはちょっと給料が安いから。

だいたい20~30%ダウンからスタートします。

生活費がカツカツの人は要注意。

 

この辺は、公務員に転職すると給料が下がる【時給換算すると給料安いので要注意】にまとめてます。

公務員に転職すると給料が下がる【時給換算すると給料安いので要注意】

30代で公務員に転職するコツ【働きながら勉強すべし】

30代で公務員に転職するコツ【働きながら勉強すべし】

30代でも公務員に応募できるのはわかったけど、やっぱり公務員試験の勉強は大変なんでしょ?

無事に公務員に転職するコツを知りたい。

結論、30代で公務員を目指すなら、働きながら公務員試験の勉強をしてください。

なぜなら、辞めてしまうと再就職が困難だから。

 

もし公務員試験に合格しなかった場合、年齢が理由で転職が困難になってしまいます。

かなり苦行ですが、働きながら勉強しましょう。

【地獄】1日8時間は勉強してください

結論、1日8時間は勉強してください。

これくらい勉強しないと、合格できないから。

事実、僕も1日8時間の勉強を1年継続したら、公務員になれました。

 

公務員試験の概要は下記のとおり。

  • 一次試験:教養試験、論文
  • 二次試験:面接

ぶっちゃけ、一次試験の「教養試験」のウェイトが9割です。

なぜなら、勉強の時間がかかるし、配点も一番高いから。

 

教養試験で合格ラインの点数を獲得するには、1日8時間の勉強を1年継続が必要。

詳しくは、働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】にまとめてます。

働きながら公務員試験の勉強をして転職は可能【ただし1日8時間です】

30代で公務員を目指すデメリット【本当に転職すべきか】

30代で公務員を目指すデメリット【本当に転職すべきか】

働きながら1日8時間の勉強かぁ…

普通にムリなんですけど…

 

やっぱり公務員を目指すのはキツいかなぁ…

公務員を目指すデメリットとかあるの?

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は1年半で公務員を辞めてます。

理由は、けっこうきつい仕事だったから。

 

あまりにキツすぎて、逃げるように辞めました。

辞めた今だから冷静にわかる「公務員のデメリット」もあるので、解説していきますね。

公務員は手に職がつかないから安定しない

公務員は「手に職」じゃないから。

 

例えば、30代で公務員になったけど、40代くらいで職場の人間関係が辛くなって辞めたとしましょう。

そしたら、もう民間への転職は困難ですよ。

だって、民間で通用するスキルが何もないから。

 

また公務員を目指すにも、年齢制限で応募できる職種は激減してます。

そして、常に人間関係のリスクはついてまわります。

 

結論、今は時代的に、手に職をつけた方が安定しますよ。

手に職があれば、会社が倒産してもすぐまた転職できるから。

参考:【元公務員が断言】公務員は安定してない【手に職をつけるのが安定】

【元公務員が断言】公務員は安定してない【手に職をつけるのが安定】

激務でブラックの公務員を目指しますか?

悲報ですが、公務員は割とブラックです。

Twitterを見ると真実がわかるから。

 

僕もブラックな体験をしておりまして、時給換算すると400円台/hでした。

最低賃金を割ってます(笑)

 

この辺のブラックっぷりは、【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】をどうぞ。

【元公務員が語る】公務員がつまらない理由5選【向いてない人の特徴】

【提案】公務員試験の勉強をするなら手に職をつけた方がいい

個人的には、公務員を目指すなら手に職をつけた方がいいかと。

1日8時間も勉強するなら、手に職がつくスキルを勉強して、楽に安定して稼げるから。

 

具体的には、下記のようなスキルを身につけて、在宅フリーランスとか稼げますよ。

  1. プログラミング
  2. Webライター
  3. Webマーケティング
  4. 動画編集

 

プログラミングは、プログラミングスクールに通えばOK。

無料体験があるので、相性を見てから判断できます。

参考:【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

Webライターは、僕が作ったWebライターの教科書「Webライターの完全講義」で無料で勉強できます。

※一部有料部分がありますが、本気の人しか買わないでください。

 

Webマーケティングは、ブログやYoutubeを副業で始めればOK。

動画編集は独学できます。

 

今日から自宅で手に職をつけられて、楽に安定して稼げる人生になりますよ。

【体験談】手に職をつけたら公務員より楽で安定した

現在の僕は在宅フリーランスのWebライターでして、公務員より楽に安定して稼げてます。

  • 通勤なし
  • 職場の人間関係なし
  • 毎日家かカフェでパソコン作業
  • 休憩や休日は自由
  • 起きる時間も寝る時間も自由
  • 年収750万円くらい

って感じでして、公務員時代より圧倒的に楽です。

もちろん、スキルが身につくまでは苦労しましたが、1日8時間の公務員試験の勉強よりは楽でしたよ。

 

仕事の依頼も多く、受けきれなくて断ってるくらいです。

メンタルも安定してるので、公務員より1000倍いいですね。

 

結論、手に職がつくとこんなライフスタイルになるので、こっちがいい人は手に職をつけましょう。

※未経験から可能です。

参考:年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

年収750万円Webライターの1日【1日3時間で月収20万円を稼ぐ方法】

【重要】なぜ公務員になりたいか深掘りしてみてください

てことで、改めて「なぜ公務員になりたいのか」を考えてみてください。

公務員じゃなくても、あなたの希望は叶うかもしれないから。

 

例えばこんな感じ。

  • 安定してそう→手に職をつければいい
  • 楽そう→手に職をつければいい
  • 土日祝休みの仕事がいい→公務員じゃなくてもいい
  • 定時に帰りたい→そもそも在宅で働けばいい
  • 充実した福利厚生がほしい→民間でもできる
  • 子育てと両立できる仕事がいい→在宅ワークでいい
  • どうしても警察官になりたい→公務員になるしかない

「公務員でなければいけない理由」がないなら、公務員を目指すのはコスパ悪すぎです。

30代の貴重な時間を無駄にしないよう、真剣に考えてみましょう。

民間でいいなら普通に転職活動しましょう

なんか、公務員じゃなくてもいい気がしてきた。

という人は、普通に民間に転職でもいいんじゃないですかね?

今から公務員試験の勉強を始めるより、はるかに楽に希望が叶うから。

 

あなたの希望に合う会社を、転職エージェントとかに紹介してもらえばいいかと。

無料で相談できるし、紹介される求人を見てから転職エージェントを利用するか決めてOKです。

※メール1本ですぐ相談をやめられます。

 

30代の転職に強い転職エージェントは、30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】にまとめたのでどうぞ。

30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】

まとめ【30代で公務員に転職するのはデメリットもある。慎重に】

まとめ【30代で公務員に転職するのはデメリットもある。慎重に】

この記事をまとめます。

  • 30代で公務員に転職は可能
  • 地方公務員の社会人経験者採用枠は59歳まで応募可能
  • ただし、働きながら1日8時間の勉強が必要
  • 公務員は手に職つかないし、ブラックなので慎重に
  • 今の時代は、手に職をつける方が公務員より楽で安定

 

結論、本当に公務員を目指すべきか、真剣に考えてみましょう。

 

公務員を目指すなら、1日8時間の勉強を1年継続しないといけません。

本気なら、今すぐ公務員の勉強を始めましょう。

 

でも、そんな勉強する時間があるなら、手に職をつけるために勉強した方が人生は安泰かと。

今の時代は在宅フリーランスで稼げる仕事も多いので、毎日家でのんきに安定して稼げますよ。

 

想像してみてください。

あなたが毎日パジャマで、コーヒーを飲みながら家で働く姿を。

 

手に職をつける勉強を始めれば、こんなのんきなライフスタイルが手に入ります。

 

30代は人生を決める大事な時期なので、ここで判断を誤ると人生単位で後悔しますよ。

本気で人生を変えたいなら、今日からできることを始めてみましょう。

  1. プログラミング
  2. Webライター
  3. Webマーケティング
  4. 動画編集

 

プログラミングは、プログラミングスクールに通うと短期間でスキルが身につきます。

無料体験があるので、興味あればまずは相性を見てから。

参考:【厳選】おすすめのプログラミングスクール3選【元はとれます】

 

Webライターは、僕が作ったWebライターの教科書「Webライターの完全講義」で無料で勉強できます。

※一部有料部分がありますが、本気の人しか買わないでください。

 

「なぜ公務員になりたいのか」を考えた結果、公務員じゃなくてもいいなら普通に転職したらいいかなと。

 

30代に強い転職エージェントに相談して、あなたの希望にあう会社を紹介してもらいましょう。

無料なので、相談しながら判断すればOKです。

参考:30代におすすめの転職エージェント3選【失敗したらフリーランスへ】

 

今一度、「本当に公務員じゃなきゃいけないのか?」を考えてみてください。

考えが決まったら、行動あるのみです。