【経験談つき】20代後半の男性の転職は楽勝です【ただし失敗に注意】

【経験談つき】20代後半の男性の転職は楽勝です【ただし失敗に注意】

20代後半の男性が転職するときの注意点を知りたいな。

今の仕事から転職したいけど、もし転職をミスったら30代になってしまう。

できれば最後の転職にしたいな。

 

自分に合ってて、将来性があって、ある程度楽しめる仕事がいい。

転職に失敗したくない!

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【経験談つき】20代後半の男性の転職は楽勝です
  • 20代後半の男性が転職で失敗しない方法3選

 

僕、佐藤誠一は26歳のときに転職経験があります。

  • 21歳:公務員に就職
  • 22歳:公務員を退職してフリーターになる
  • 26歳:正社員で営業職に転職

という経歴です。

 

結論、20代後半の男性の転職は楽勝です。

なんせ若いので。

 

職種によっては、未経験でも正社員で転職できますよ。

この記事は、20代後半で正社員に転職できた僕(男)が書いたので、ある程度の信ぴょう性はあるかと。

 

20代後半の転職に失敗したくない男性のあなたの、参考になればうれしいです(^^)

【経験談つき】20代後半の男性の転職は楽勝です

【経験談つき】20代後半の男性の転職は楽勝です

結論、20代後半の男性の転職は楽勝です。

今はどこも人材不足なので。

 

2020年2月の有効求人倍率は1.45倍。

つまり、1人の求職者に対して1.45件の求人があるということです。

 

しかも、転職は若い方が有利なので、20代であるだけで価値が高いです。

【追記】コロナの状況下でも20代後半の転職は大丈夫です

コロナショックで転職市場は落ち着いてしまいましたが、それでも20代後半の転職はまだ大丈夫。

ただし、正しい転職活動をしないと厳しいです。

 

コロナの状況下でも転職に失敗しない方法を、

【コロナの影響】20代後半の未経験転職が厳しい時代に【変化が必要】にまとめてます。

【コロナの影響】20代後半の未経験転職が厳しい時代に【変化が必要】

キャリアアップの転職はかなり有利

今の仕事からキャリアアップの転職をするなら、20代後半が狙い目です。

給料も増えやすいので(^^)

  • 業界での経験がある
  • なのに若いので、将来性がある

という点から、もっとも転職が効果的な年齢です。

 

例えば、

  • 同じ業界で、今より大きい会社に転職する
  • 同じ職種で、今より大きい会社に転職する

とかが成功しやすい感じです。

20代後半の男性は年収が上がりやすい【転職するなら今】

下記は厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」から計算した、

  • 男性の年齢帯の平均年収
  • 前の年齢帯から比べた年収のアップ率

を表にしたものです。

年齢 平均年収 年収アップ率
20代前半 3376800円
20代後半 4281700円 27%
30代前半 4985800円 16%
30代後半 5573200円 12%
40代前半 6063000円 9%
40代後半 6547400円 8%
50代前半 7088100円 8%
50代後半 6871800円 -3%

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

 

おわかりのとおり、20代前半→20代後半がもっとも年収が上がっています。

つまり、このタイミングで大きい会社に転職すると、一気に年収が上がる可能性があるんです。

 

結論、転職するなら20代後半が良いです。

【体験談】僕も20代後半で転職して年収が上がった

僕の20代の年収の推移は、下記のとおり。

年齢 職種 年収
21~22歳 公務員 年収180万円
22~26歳 フリーター 年収180万円
26歳~ 営業 年収600万円

という感じで、20代後半で大幅に年収アップしました。

たしかに、20代後半の転職は年収が上がりやすいです。

20代後半の男性だと、職種によっては未経験でも転職できる

人材不足なので、職種によっては未経験でも転職できます。

未経験でも転職できる職種は、例えば下記のとおり。

  • IT業界
  • 営業職
  • 販売職
  • サービス業
  • 製造業
  • 建設業
  • 運転手
  • 介護職
  • 事務職

医療系資格が必要な仕事や、新卒しか採用しない超大手企業以外なら、ほとんど転職できます。

つまり、選び放題です。

【20代後半の転職のコツ】手に職をつけた方がいい

選び放題だと逆に選べないと思うので、コツは「手に職がつく仕事」を選ぶことです。

理由は、終身雇用が崩壊したから。

 

もう、1つの会社で定年まで迎える時代じゃないです。

上記の「未経験で転職できる職種」の中で、手に職がつくのは下記のとおりです。

  • IT業界
  • 営業職
  • 製造業
  • 建設業
  • 運転手
  • 介護職

 

ちなみに、営業職については、

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】にまとめています。

営業は未経験からでも転職できる【売れる方法やおすすめの業界】

【個人的な感想】IT業界が一番稼げた

僕の経験した職種は、下記のとおり

  • IT業界
  • 営業職
  • 販売職
  • 事務職

ぶっちゃけ、IT業界が一番安定して稼げました(^^)

36歳のときに営業からIT業界に転職しましたが、かなり良いです。

 

理由は、伸びてる業界だから。

時代の追い風を利用して、上昇していけるイメージです。

 

詳しくは、【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】にまとめたので、興味あればどうぞ。

【業界人が語る】IT業界の今後の展望【結論:未経験でも転職できる】

特に男性は手に職をつけた方がいい

今は共働きが当たり前とはいえ、やはり男性は稼げる方がいいですよ。

理由は下記のとおり。

  • 結婚して奥さんが出産すると、奥さんの収入が減るから
  • 奥さんより年収が低いと、自尊心が下がるから

 

結論、なんだかんだいっても、男はちゃんと稼いでた方が良いです。

前述のとおり終身雇用も崩壊したので、手に職をつけて安定して稼いでいきましょう。

資格は不要【転職してから取得すればOK】

20代後半で転職した感想の1つですが、資格はいらないなと思いました。

転職してから資格を取得すればいいから。

 

  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師

などはたしかに資格がないとダメですが、

それ以外なら転職してから取得でOK。

 

例えば、最近のタクシー会社は、大型免許がない人でも採用してますよ。

採用後に、会社負担で自動車学校に通えます。

 

結論、資格はあんまり気にしなくてOKです。

すでに転職回数が多いならフリーランスもあり

僕は転職回数が多いんだよね…

転職回数が多いと、さすがに転職は楽勝じゃないでしょ?

と不安な人もいるかと。

 

たしかに、20代後半で転職回数が3回以上だと、ちょっと厳しいかもです。

転職できないってことはないですが、転職先の選択肢は減りますね。

 

転職回数が多い人は、フリーランスも検討してください。

日本のフリーランス人口は1100万人以上なので、もはや普通の働き方です。

 

フリーランスについては、

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】にまとめたので、興味あれば読んでみてください。

「フリーランスは生活できない」は嘘【自分のビジネスを持つべし】

20代後半の男性が転職で失敗しない方法3選

20代後半の男性が転職で失敗しない方法3選

20代後半の男性の転職が楽勝なのはわかったけど、

転職に失敗したくない!

うっかりブラック企業とかに転職したらどうしよう…

 

転職をミスったら30代になっちゃうし、転職回数が増えちゃうし怖いなぁ…

という人は、下記の転職に失敗しない方法を実践してください。

  1. ブラック企業を避けるにはキャリアカウンセラーに相談
  2. 自己分析を徹底する【ミスマッチを防ぐ】
  3. 履歴書・職務経歴書は応募企業ごとに書く

1つずつ解説しますね(^^)

①ブラック企業を避けるにはキャリアカウンセラーに相談

ブラック企業を避けたいなら、

プロのキャリアカウンセラーに相談するのがコツ。

転職の素人に、ブラック企業を見分けるのは難しいからです。

 

プロのキャリアカウンセラーは、

  • あなたの適職を診断してくれる
  • 企業分析をして、ブラック企業以外を紹介してくれる

というメリットがあります。

 

プロのキャリアカウンセラーに相談するには、転職エージェントに相談すればOK。

※在籍してます。

 

ブラック企業を紹介しない転職エージェントについては、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】を参考にどうぞ。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

②自己分析を徹底する【ミスマッチを防ぐ】

ミスマッチを防ぐためにも、自己分析を徹底してください。

あなた自身のことをよくわからないと、

企業選びも失敗するからです。

 

自己分析のやり方は、

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめてるので、参考にどうぞ。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

業界や企業を絞れない場合の対処法

自己分析はなんとなくできそうだけど、

そこから業界や企業を絞るのは難しそう…

という人も、転職エージェントに相談するのがコツ。

  • 自己分析
  • 業界選び
  • 企業選び

をすべて無料で手伝ってくれますよ。

 

ぶっちゃけ楽なので、面倒な人はどうぞ。

③履歴書・職務経歴書は応募企業ごとに書く

履歴書・職務経歴書は、きちんと応募企業ごとに書きましょう。

使い回しはバレるからです。

 

面倒ですが、きちんと1社ずつ丁寧に書きましょう。

履歴書と職務経歴書を1社ずつ書くのが面倒な人の対処法

結論、履歴書や職務経歴書も転職エージェントに頼ってOK。

楽なので。

 

そもそも、あなたが転職のプロになる必要はないので、プロに任せるのも1つの手です。

どうせ無料なので、使い倒せばOK。

 

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】で紹介した転職エージェントは、

応募企業ごとに履歴書や職務経歴書のサポートをしてくれます。

ついでに面接のサポートも受ける

転職エージェントは、面接の練習も付き合ってくれます。

応募企業ごとに面接の練習をしてもらえば、内定率が一気に上がります。

 

転職エージェントは応募企業のこともよく理解しているので、内定でやすいですよ。

 

誰にも頼らず面接に挑むこともできますが、プロじゃないので内定率が落ちます。

無料でプロの力を借りれるので、楽かなと。

まとめ【20代後半の男性の転職は楽勝です】

まとめ【20代後半の男性の転職は楽勝です】

この記事をまとめます。

  • どこも人材不足なので、20代後半の男性の転職は余裕
  • 20代後半は年収が上がりやすいので、いま転職した方がいい
  • 20代後半の男性だと、職種によっては未経験でも転職できる
  • 終身雇用が崩壊したので、手に職をつけるべき
  • ブラック企業を避けるにはキャリアカウンセラーに相談する
  • 自己分析を徹底しないとミスマッチを招く
  • 履歴書・職務経歴書は転職エージェントに頼ると楽

20代後半で転職を考えているあなたの参考になればうれしいです。

 

本気で転職したいなら、今すぐ行動しましょう。

転職は情報収集が大事なので、行動あるのみです。

 

ちなみに、本記事で紹介した20代向けの転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

他にも、求人サイトを見て情報収集も可能。

 

転職サイトはdodaが効率的ですね。

約10万件の求人があるので、最初の情報収集には最適かと。

 

dodaについては、doda(デューダ)の評判や口コミのまとめ【キャリアアップ転職の真髄】にまとめてます。

doda(デューダ)の評判や口コミのまとめ【期限は3ヶ月まで】

あなたの転職活動の参考になればうれしいです(^^)