【結論】20代の転職率は30%【デメリットを理解したら転職してOK】

【結論】20代の転職率は30%【デメリットを理解したら転職してOK】

20代の転職率を知りたいなぁ。

みんなは転職してるんだろうか?

 

すぐに転職するのはよくないと思うけど、

本音は、今の仕事が嫌で転職したい。

僕も転職していいかなぁ…?

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 【結論】20代の転職率は30%【みんなけっこう転職してます】
  • 20代で転職する3つのデメリット【解決策も紹介】
  • 20代の転職に成功する方法【転職活動の手順もチェック】

僕、佐藤誠一は20代で2回転職しました。

結論、2回転職して本当に良かったと思っています。

 

僕の履歴はこんな感じ。

年齢 職業 年収
21~22歳 郵便局 180万円
22~26歳 フリーター 180万円
26~31歳 メットライフ生命 600万円
31~33歳 保険代理店 600万円
33~36歳 法人向けWebコンサル営業 600万円
36歳~ フリーランスWebライター 750万円

現在はフリーランスのWebライターですが、家でパソコンをパチパチやる毎日です。

出勤も人付き合いもないので、のんきな毎日を楽しく過ごせています。

 

のんきな毎日を送れるようになったのも、20代のうちに転職したから。

転職しなかったらと思うと、今でもゾッとします。

 

この記事は、20代で転職したことで理想的な生活になった僕が書いたので、かなり信ぴょう性があるかと。

20代で転職してOKな理由を解説していきます。

【結論】20代の転職率は30%【みんなけっこう転職してます】

【結論】20代の転職率は30%【みんなけっこう転職してます】

20代の転職率は30%くらいです。

厚生労働省のデータを見ると、20代の転職率は下記とおり。

男性 女性
20~24歳 14.9% 15%
25~29歳 13.6% 18.1%
合計 28.5% 33.1%

転職入職者の状況

出典:厚生労働省

 

結論、10人中3人は転職してます。

ちょうど、20代の既婚率と同じくらい。

なので、転職することは別に珍しいことじゃないです。

転職理由がネガティブでも問題なし

でも、僕が転職したい理由はネガティブなんだよね…

今の会社が嫌なだけっていうか…

 

そんな理由で転職しちゃダメでしょ?

と思う人も転職して大丈夫。

20代の多くはネガティブな理由で転職してます。

 

だから、転職したい理由がネガティブでも転職してOKです。

この辺は、20代のよくある転職理由23選【どんな理由であれ転職して大丈夫】にまとめてます。

20代のよくある転職理由23選【どんな理由であれ転職して大丈夫】

終身雇用が崩壊してるので、いつかは転職する

終身雇用が崩壊しているので、どうせいつかは転職しないといけません。

個人の就労年数より、企業が生き残る年数の方が短いですからね。

 

どうせ転職するなら、若くて有利な20代のうちが良いですよ。

仕事の選択肢も多いし。

 

転職することで多彩なキャリアも身につくので、転職してない人より重宝されますよ。

【体験談①】転職して良かったこと

僕が20代で転職して良かったことは、下記のとおりです。

  • 嫌いな職場から抜け出せた
  • 失敗を活かして次の仕事を探せた
  • 色々な仕事を体験することで天職が見えた
  • 前職の経験を次の仕事に活かせた

結論、20代のうちに転職しておいて良かったですね。

変にしがみついて30代になってたら、今の生活はないです。

【体験談②】営業の経験がWebライターに活きた

前述の履歴のとおり、僕はけっこう営業が長かったです。

現在は営業ゼロのWebライターをしていますが、営業の経験は活きました。

Webライターで営業できる人って、ほとんどいないから。

 

多くのWebライターが仕事をもらえず困っている中、僕だけは悠々と仕事をもらえました。

営業やってて良かった~

と思った瞬間でしたね。

 

転職で色々なキャリアを積んでおくと、後で活かせますよ。

20代で転職する3つのデメリット【解決策も紹介】

20代で転職する3つのデメリット【解決策も紹介】

20代で転職していいのはわかったけど、

デメリットもあるでしょ?

デメリットもわかった上で検討したいな。

という人のために、20代で転職する3つのデメリットを紹介します。

  1. 転職先では1からキャリアを積まないといけない
  2. 転職回数が増えるので、次の転職は不利
  3. 年収が下がるかも

1つずつ解説しますね。

デメリットの解決策も紹介します。

①転職先では1からキャリアを積まないといけない

また1からキャリアを積んでいかないといけません。

転職先では新人なので。

 

新卒で先に入社していた人より、遅れることになります。

 

ただし、最近は実力主義の会社が増えてるので、この辺はあまり心配なし。

入社してすぐは新人ですが、仕事で結果を出せば新卒入社組を越すこともできますよ。

②転職回数が増えるので、次の転職は不利

一般的に、転職回数が増えるほど転職は不利になります。

「すぐ辞める人」というイメージがつくから。

 

転職してもいいですが、また転職するときに不利になることも。

 

ただこの辺は、転職回数が多い人の転職ノウハウを使えば大丈夫。

具体的なノウハウは、転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】にまとめたので、心配ならどうぞ。

転職回数が多い20代の転職活動の10のコツ【フリーランスもアリ】

③年収が下がるかも

転職先によっては、年収が下がることもあります。

この辺は仕事選びが重要。

 

最初は低いけど徐々に上がってくるなら問題ないですが、ずっと給料が低い仕事はやめておきましょう。

この辺は下記の2記事が参考になると思います。

20代の転職に成功する方法【転職活動の手順もチェック】

20代の転職に成功する方法【転職活動の手順もチェック】

転職のデメリットはなんとなくわかった。

うん、やっぱり転職してみたいなぁ。

でも、どうしたら転職に成功できるのかな?

20代の転職に成功する方法は、下記の4つです。

  1. コロナ不況をふまえた転職活動をする
  2. 自己分析を徹底的にやる
  3. ブラック企業を避ける
  4. キャリアカウンセラーに相談する

1つずつ解説します。

コロナ不況をふまえた転職活動をする

2020年のコロナ不況で、20代の未経験転職がちょっと難しくなりました。

不況になると、企業は採用を控えるので。

 

経験者は良いですが、未経験者の採用は減ります。

え…

未経験の仕事に転職も考えてたけど、ムリっぽいかな…?

と不安にならなくて大丈夫。

コロナ不況下でも内定をもらえる方法をやれば、転職できます。

 

具体的なノウハウは、【コロナの影響】20代後半の未経験転職が厳しい時代に【変化が必要】にまとめています。

【コロナの影響】20代後半の未経験転職が厳しい時代に【変化が必要】

自己分析を徹底的にやる

自己分析は徹底的にやってください。

あなた自身のことをわからないと、どんな仕事を選べばいいかわからないので。

 

自己分析をサボると、ミスマッチで短期退職しやすいですよ。

具体的な自己分析の方法は、

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】にまとめてます。

【超簡単】自己分析のやり方【社会人の転職も使えるおすすめツール】

ブラック企業を避ける

うっかり、ブラック企業に転職するのだけは避けましょう。

社会人経験が浅い20代を狙ってるブラック企業は、たくさんあるので要注意。

 

ブラック企業の見分け方は、

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】にまとめてます。

ブラック企業の見分け方20選【1人で判断できないときの対処法も紹介】

キャリアカウンセラーに相談する

キャリアカウンセラーに相談する方が、転職の失敗は少ないです。

なぜなら、あなたは転職のプロじゃないから。

 

転職に慣れてる人はいないので、当然ながら失敗しやすいです。

キャリアカウンセラーは転職のプロなので、

失敗を防いでくれます。

 

実際にキャリアカウンセラーに相談するのは、転職エージェントに相談すればOKです。

※在籍してるので。

 

無料で相談できるので、

  • あなたに向いてる仕事
  • 相性が良い企業
  • 履歴書や面接の対策

などを相談しておくと無難。

 

20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

転職活動の手順

転職に成功するコツは、なんとなくわかった。

で、具体的に何から始めればいいの?

という人は、20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】を読んで見てください。

転職活動の手順を解説してます。

 

ちなみに最初にやることは「今の会社の就業規則を確認する」です。

くれぐれも、いきなり企業探しからやらないように。

20代の転職の進め方10の手順【失敗しない転職活動のコツも解説】

まとめ【20代の転職率は30%くらいで、転職しても問題なし】

まとめ【20代の転職率は30%くらいで、転職しても問題なし】

この記事をまとめます。

  • 20代の転職率は30%くらいなので、みんなけっこう転職してる
  • ネガティブな理由で転職してもOK
  • 転職しやすいのは20代のうちなので、転職するなら早めに
  • 20代で転職する3つのデメリットを理解して、それでも転職したいならGO
  • コロナ不況をふまえた転職活動ノウハウを実践する
  • しっかり自己分析して、ブラック企業を避ける
  • あなたは転職のプロじゃないので、キャリアカウンセラーに相談すると安心

もし本気で転職したいなら、すぐに行動開始です。

前述のとおりコロナ不況だから。

 

転職は1歳でも若い方が有利だし、転職活動中に年齢が上がることもあり得ます。

なので、本気ならすぐに転職活動を始めましょう。

迷うほどチャンスが減っていくと思ってください。

 

ちなみに、この記事で紹介した20代向けの信頼できる転職エージェントは、

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

 

また、まだ転職に迷うなら、

【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【失敗しない3つのコツ】が参考になるかと。

迷ったときの対処法をまとめてます。

【結論】20代で転職に迷うなら転職していい【失敗しない3つのコツ】

あなたの転職の参考になればうれしいです(^^)