20代の転職でよくある失敗例5選【次は転職に失敗しない3つのコツ】

20代の転職でよくある失敗例5選【次は転職に失敗しない3つのコツ】

20代の転職に失敗する例を知りたいな。

今の会社が辛いから転職したいけど、次こそ転職に失敗したくない。

 

でも、また失敗したらどうしよう…

どうすれば失敗しないかも知りたい。

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 20代の転職に失敗する例がわかる
  • 20代の転職に失敗しないコツがわかる
  • 失敗が怖くて転職先を決められないときの対処法がわかる

 

僕、佐藤誠一は20代の転職に失敗した経験があります。

経歴は下記のとおり。

年齢 職業 成功or失敗
21~22歳 公務員 失敗(ブラックだった)
22~26歳 フリーター 成功(人間関係良好)
26~31歳 保険の営業 失敗(超ブラックだった)

26歳で保険の営業に転職してますが、超ブラックで大失敗しました。

※多重債務者になってしまいました。

 

現在はフリーランスのWebライターをしており、夫婦でノマド生活でかなり幸せです。

 

このブログや他の転職系サイトで、3000人以上の転職相談も受けており、転職のアドバイスもしてきました。

※全国職業相談センターというサイトで、相談対応もやってました。

 

20代で転職に失敗した人たちの相談は、かなり対応しました。

僕がアドバイスして、転職に成功した20代の人も多いです。

 

こんな僕が、20代の転職でよくある失敗例や、失敗しないコツを記事にまとめました。

この記事を読むことで、あなたも安定した人生になりますよ。

20代の転職でよくある失敗例5選

20代の転職でよくある失敗例5選

20代の転職でよくある失敗は、下記の5つです。

  1. 企業研究が足りない
  2. 辞めることが目的で転職
  3. 楽な仕事を求めてうまくいかない
  4. どこに転職しても人間関係がうまくいかない
  5. 資格を取ろうとしてしまう

1つずつ解説しますね。

①企業研究が足りない

企業研究が足りないと、転職に失敗しやすいです。

ミスマッチが発生するから。

こんなはずじゃなかった…

という失敗のほとんどは、企業研究不足が原因です。

 

企業研究のやり方は、転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】にまとめてます。

転職の企業研究のやり方2ステップ【メンドくさいときの対処法も解説】

②辞めることが目的で転職

今の会社を辞めることが目的で転職すると、失敗しやすいです。

転職先の仕事に前向きになれないから。

 

極端な人だと、

辞めたいだけの人

今の会社を辞められるならどこでもいい!

というマインドになってしまい、ブラック企業に転職しちゃったりします。

辞めたい気持ちはわかりますが、次の転職先は真剣に考えましょう。

③楽な仕事を求めてうまくいかない

今の会社がキツすぎる…

もっと楽な仕事をしたい…

という感じで、楽さを求めて転職するのも失敗しやすいです。

なぜなら、世の中に楽な仕事はないから。

 

よくある失敗例は、下記を目指してしまうことですね。

  1. 事務職→募集が少ない。事務職も大変。
  2. 公務員→公務員試験が大変。公務員はブラック。

 

後述しますが、楽さを求めるより「転職先の仕事を楽しむマインド」が重要です。

仕事自体を楽しむことができれば、結果的に楽に仕事ができるイメージ。

④どこに転職しても人間関係がうまくいかない

残念ながら、職場の人間関係の悩みは転職では解決しません。

自分自身のコミュニケーションスキルを改善しないと、どこにいっても人間関係で悩むから。

 

今の会社で人間関係が辛いなら転職してもOKですが、次からはコミュニケーションを変えてみましょう。

詳しくは、20代なら人間関係が理由で転職してOK【もう同じ理由で悩まない方法】にまとめてます。

20代なら人間関係が理由で転職してOK【もう同じ理由で悩まない方法】

⑤資格を取ろうとしてしまう

資格取得に走るのは、けっこうデメリットが大きいです。

理由は下記の2つ。

  1. 資格の勉強をしてる間に、歳をとって転職が不利になる
  2. 他の職種に目が行かなくなる→機会損失

 

どうしても取得したい資格があるなら目指してもいいですが、転職のために資格をとるのはまったくおすすめできません。

世の中は無意味な資格ばかりなので、資格の協会を儲けさせるためにあなたが犠牲になることないですよ。

 

どうしても資格を取りたい人は、【厳選】20代女性が転職で有利になる資格5選【無意味な資格14選】を参考にどうぞ。

無意味な資格を明記してるので、くれぐれも取得しないでください。

【厳選】20代女性が転職で有利になる資格5選【無意味な資格14選】

20代の転職に失敗しない3つのコツ

20代の転職に失敗しない3つのコツ

よくある失敗例はわかったけど、具体的にどうすれば転職に失敗しないの?

20代の転職に失敗しないコツは、下記の3つです。

  1. 仕事自体を楽しむマインドをもつ
  2. 手に職がつく仕事に転職しよう
  3. 転職エージェントには念のため話を聞いとく【利用しないでもいい】

1つずつ解説しますね。

①仕事自体を楽しむマインドをもつ

前述のとおり、転職先の仕事を楽しむマインドをもちましょう。

前向きに仕事に取り組めて、結果、うまくいくから。

 

悪い例は、仕事=我慢料という考え方かなと。

これだとどうしても仕事に前向きになれないし、仕事がつまらなくて、どうしても転職に失敗してしまいます。

 

起きてる時間の8割は仕事なので、どうせなら楽しんだ方が人生は楽しいかと。

この考え方は賛否両論ありますが、賛同できるならマインドを変えてみましょう。

②手に職がつく仕事に転職する

手に職があれば、何回も転職できるから。

例えば下記のような状況でも、手に職があれば転職可能です。

  1. 職場の人間関係が気に入らない
  2. 会社の考え方が気に入らない
  3. 気分で会社を変えたくなった

手に職があればどの会社からも欲しがられるので、圧倒的に強者になれます。

 

具体的におすすめの手に職は、下記の7つかなと。

  1. プログラマー
  2. インフラエンジニア
  3. Webデザイナー
  4. Webライター
  5. マーケティング職
  6. 営業
  7. 宅地建物取引士

すべて未経験から転職できるので、興味あればどうぞ。

詳しくは、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】

③転職エージェントには念のため話を聞いとく【利用しないでもいい】

転職エージェントって相談した方がいいの?

結論、相談しといた方がいいと思います。

なぜなら、彼らは転職のプロだから。

 

無料なので、転職エージェントを利用しなくてもいいから、アドバイスだけもらっとくと失敗を防げますよ。

 

具体的には下記を聞けばOKかなと。

  1. あなたに向いてる仕事
  2. あなたに合いそうな会社の傾向
  3. 履歴書や面接のコツ

転職エージェントは商売なのであなたに求人を紹介してきますが、ビミョーなら断っていいですよ。

アドバイスだけもらって、あとは自分で転職活動する人もたくさんいます。

【失敗談】僕は転職エージェントに相談しないで10年ムダにした

これマジで後悔してるんですが、僕は26歳で保険会社に転職する前に、転職エージェントに相談しとくべきだったと猛反省してます。

なぜなら、僕は保険営業が向いてなかったから。

 

当時は保険営業以外は考えてませんでしたが、念のため転職エージェントに他の仕事の可能性を聞いとけば、失敗せずに済んだかもしれません。

 

僕は転職エージェントに相談しなかったことで、現在の職業「Webライター」に出会うまで10年もかかってしまいました。

はっきりいって、かなり人生の時間を損したと後悔してます。

 

あなたにこんな後悔をしてほしくないので、転職エージェントは話だけでも聞いといた方がいいかと。

無料なので、聞いて損はないですよ。

 

転職エージェントから紹介される求人が良さげだったら、利用すればいいだけです。

あなたに合ってる仕事・会社に転職できて、人生を楽しめる可能性もあるので有益かと。

 

20代向けの信頼できる転職エージェントは、20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】にまとめてます。

20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

失敗が怖くて転職先を決められないときの対処法

失敗が怖くて転職先を決められないときの対処法

でも、転職の失敗が怖くて、転職先を決められる自信がないなぁ…

僕が相談を受けた人でも、転職の失敗が怖くて転職できない人がいました。

でもそれだと人生が何も変わらないので、けっこう損失。

 

転職先を決められないときの対処法を解説します。

環境は自分で作るもの

転職先の環境が不安な気持ちもわかりますが、あまり気にしなくてOK。

職場環境は、与えてもらうものではなく、自分で作るものだからです。

 

転職=あなたのその会社の一員なので、自分で職場環境を作っていいんですよ。

  1. 仕事がしやすい独自のマニュアルを作る
  2. 仕事に必要な知識は自分で勉強する
  3. あいさつと返事を徹底して社内で可愛がられる

など、すべて自分でできることです。

 

「してもらう」というマインドがあると、ちょっと違うだけで「転職に失敗した」と思ってしまいます。

結論、転職したら自分で働きやすい環境を作りましょう。

ダメだったらまた転職すればいい

万が一転職に失敗したら、また転職すればいいだけです。

20代は若いので、また転職できるから。

 

転職する方法は、20代で2回目の転職は不利じゃない【失敗しない5つのコツも解説する】にまとめてます。

20代で2回目の転職は不利じゃない【失敗しない5つのコツも解説する】

行動しない=人生の残り時間が減ってる

転職に迷って行動しないのは、人生の大きな損失です。

なぜなら、あなたに合う仕事を楽しむ時間が減ってるから。

 

冒頭でもお伝えしたとおり、僕は保険営業をやってましたが、結果7年も続けてしまいました。

ぶっちゃけ、仕事は好きじゃなかったです。

だけど、なんか転職するのに抵抗を感じて、ダラダラと続けてしまった感じ。

 

今はかなり後悔してます。

なぜなら、今の楽しい仕事「Webライター」を楽しむ時間が減ってしまったから。

 

どうせなら楽しい仕事を長くやる方が人生は楽しいので、決断の先延ばしは損失でしかないですよ。

時間だけは戻せないので、サッと転職しましょう。

まとめ【20代の転職に失敗しないコツを実行あるのみです】

まとめ【20代の転職に失敗しないコツを実行あるのみです】

結論、本気で転職したいなら、あとは行動あるのみです。

行動しないと、現状は何も変わりませんからね。

 

前述のとおり、「行動しない=仕事を楽しめる人生の時間が減る」ですよ。

 

想像してみてください。

あなたが今の会社を抜け出して、楽しく仕事をしてる姿を。

 

行動すればそんな未来が手に入ります。

 

求人って流動的なので、あなたに合う求人が来週にはないこともありますよ。

本来は転職できたはずの「あなたに合う会社」に転職できない機会損失です。

 

早く行動して損はないので、できることを今日から行動しましょう。

 

20代の転職に失敗しないコツは、下記の3つ。

  1. 仕事自体を楽しむマインドをもつ
  2. 手に職がつく仕事に転職しよう
  3. 転職エージェントには念のため話を聞いとく【利用しないでもいい】

 

手に職がつく仕事は、20代の転職におすすめの7職種【おすすめしない職種と適職選びも解説】にまとめてます。

 

僕みたいに10年も人生を無駄にしてほしくないので、念のため転職エージェントに相談しといて損はないかと。

無料だし、あなたに合ってる仕事で人生を楽しめる可能性もあるので、情報収集にどうぞ。

参考:20代の未経験者におすすめの転職エージェント3選【失敗しないコツ】

 

また、転職に失敗しないコツは、転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】でも詳しく解説してるので、参考になると思います。

 

あとは行動あるのみ。

行動すれば、仕事を楽しめる人生になりますよ。

転職に失敗するパターン5選【失敗しない5つのコツ、100%を目指すな】